ディバージェンス ~運命の交差点~ [DVD]

  • 16人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (6)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : ベニー・チャン 
出演 : アーロン・クォック  イーキン・チェン  ダニエル・ウー  アンジェリカ・リー 
制作 : アイヴィー・ホー 
  • タキコーポレーション (2006年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4982509315082

ディバージェンス ~運命の交差点~ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 香港のトップスターが大集合の贅沢映画。脇にも有名どころがチラホラ。イーキン・チェン目当てでhuluにて鑑賞。90年代には、濃すぎて暑苦しいアーロン・クォック、甘すぎるルックスのダニエル・ウーは、なんとなく避けていたのだが、いつのまにかとても良い感じになっていて驚き!! ストーリーはお得意の香港ノワール物で、手堅い面白さ。映像も凝っていて、印象に残るシーンが結構あった。久々に観た香港映画だけど、大満足。

  • 香港で買ったので、中国語と英語の字幕版です。VCDで買おうとしたらお店のおにーさんに「DVDの方が綺麗だよ!絶対いいよ!」と頑張られて、当時イーキン・チェンブームだったことも手伝って、つい買っちゃった。

  • アーロン・クォックにイーキン・チェン、ダニエル・ウー主演を張れそうな男が3人集まった!期待は本当に大でした!

    「ディバージェンス」

    観て感じたのは、あっ~1990年代の作品なんだ~と思ってみていたら楽しく観れていたのですが、2005年と知った時には本当にがっかりです……3人に進化を感じられない。

    特にイーキン・チェンには本当に悲しくなった。というよりも武術の達人から新境地を見出そうとしたこの結果なら次回作はやっぱり派手なアクションのほうがお勧めですね。

    ただ、サスペンス的要素が脚本の出来で薄くなってしまっている。謎解きの楽しみはまるでないですねw

  • イーキンの弁護士役は、ときたま橋×弁護士に見えてしまうのがアレだった。香港の法廷って、いまだに弁護士はヅラ@英国なのか・・・・・?(´Д`;) 私のイメージするベニー・チャン映画ではないが、むしろそこがよかった一本。いい出来ですよ。

  • 『三岔口/Divergence』
    ■2005年4月28日 香港
     2006年4月22日 日本公開
    ■第42屆金馬獎
      最佳男主角:郭富城
      最佳攝影:潘耀明
      最佳剪輯:潘耀明
    ■第25屆香港電影金像獎
      最佳剪接:潘耀明

    ■監督
     陳木勝(ベニー・チャン)
    ■出演者
     鄭伊健(イーキン・チェン)
     郭富城(アーロン・クォック)
     呉彦祖(ダニエル・ウー)
     李忠志
     潘耀明
     邱志偉
     羅嘉良(ロー・ガーリョン
     李心潔(アンジェリカ・リー)
     寧静(ニン・チン)
     曾志偉(エリック・ツァン)
     

全5件中 1 - 5件を表示

ディバージェンス ~運命の交差点~ [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする