アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVIII

  • 140人登録
  • 3.67評価
    • (18)
    • (22)
    • (36)
    • (1)
    • (2)
  • 15レビュー
  • スクウェア・エニックス (2006年7月20日発売)
  • PlayStation
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4988601004787

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVIIIの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • FF8
    おもしろさ★★☆☆☆(2こ半)
    もう一度やりたい★☆☆☆☆⇒懐かしさだけでやるゲーム

    ○序盤はおもしろい!時間を忘れてやってしまう。⇒中盤から失速、後半は大失速・・・・ラスト直前からようやくまたエンジンがかかる。
    ○ジャンクションシステムがわかりにくいが、攻略サイトを見てやると序盤にもかかわらずかなり強くなることが可能。
    ○画面のきれいさは、ムービー以外も許せる範囲。ムービーは言わずもがなよし。
    ○ラストダンジョンの古城は素敵。雰囲気があって、いい!
    ○エンディングはよい。年をとったラグナが若い頃レインにプロポーズしてるシーンもあるのもいいし、サイファーが風神雷神と楽しそうにしているのもいい。
    ビデオカメラでパーティーの様子を映し、全員を登場させるのも映画のようでしゃれている。ムービーもきれい。

    ●中盤から失速し、後半は大失速。おもしろいからゲームを進めるのではなく、惰性からゲームを進める。早くこのゲームが終わらないかなと思ってしまう。
    ●盛り上がりにイマイチ欠ける。⇒ボス戦少ない。
    ●どうでもいい作業が多くて、肝心のストーリーが進むのが遅く、面倒くさい。サクサクいかないというか・・・
    →リノアに学園を案内するとか、 リノアとのデートイベント、全員に話しかけないと次のイベントが進行しない等
    お使い作業をしないと、ストーリーがすすまない。
    ●攻略サイト見ないとかなり難しいシステム。ケアルガ・~ガがいかに能力アップするかはサイトを見て初めて知る。精製の仕方等。
    ●やる気をそぐというか、空振りさせられるイベント。⇒意気込んで侵入しても、ボスもいなくて特に何もなしとか。ストーリーに入り込めない。
    ⇒結局おもしろくないイベントをただやらされてるだけと感じる。

    ※ラグナを見ていると、大物の男はみんなに必要とされるので、一人の女というか一か所にはとどまれず、
    結果的に女を幸せにすることはできないんだなーとしみじみ感じた。
    ※未来の魔女がママ先生に力を引き継がせたということは、リノアっていったい???

  • 酷評されている作品だけれど、わたしは今までプレイしたFF作品(Ⅶ~Ⅹ)の中でも1・2位を争うくらい好きだ。OP、ゲームシステム、ストーリー、キャラクターなどどれも魅力に溢れている。エンディングも「クリアしてよかった」と思えるほどよく作りこまれていてまるで映画のよう。大好きです。

  • システムもシナリオも好きになれなくて、ドローがひたすら面倒だった。

  • FFシリーズは毎回プレイしているので、あまり設定などは気にせずに購入したのですが、ドローやジャンクションシステムが理解できず、ムービーやキャラの頭身がかなり高くなったのもあって最初は馴染めませんでしたが、プレイしていく内に慣れて、世界観も気に入りました。ちなみにキャラではセルフィを贔屓しておりました。

  • はぐはぐ!
    レベル10でクリアしたくらい、やりこんだゲーム
    オメガウェポン強すぎ乙

  • 誰も止められない

    最終決戦・・・

    敵強すぎる・・・笑

  • 賛否両論のあるゲーム。
    だけど、一番最初に遊んだFFシリーズなので、個人的にとても好きだし、思いいれもあります。

    数ある批判のひとつが、バトルシステムのややこしさでしょうか。
    私は?からやったので、特に違和感はなかったのですが、
    確かに歴代のFFをしてきたひとにとって、面倒くさいシステムかもしれません。
    しかし、一度覚えてしまうと、やりこみ要素もあるし、
    魔法は減ってしまうけれど、バトルで使用する機会が殆ど無いので、慣れれば余り気になりません。
    ドローは確かに面倒くさいですね・・・だけど精製術を駆使すれば初期段階から最強になれます。

    アルティマニアを同時に購入する事をおすすめします。
    攻略本が無いと中々難しい、というのは、世の常だと思いますので・・・?に限らず。

    ラストを見るのと見ないのとでは、このゲームの価値観はまるで変わってくると思います。
    ぜひ、最後まで諦めず、頑張ってください。
    個人的には、FFの中でも指折りの神エンドだと、思っています。

  • 初めてLv100を達成したゲームです。
    ムービー綺麗だしカードゲーム面白いし、何より戦闘システムがすばらしい!ストーリーは、うん…中二ってよく言われるけど、否定はしないよ。でも好きな人は好きなんじゃないかな!
    プレイしたのは数年前ですが、せっかくブクログ作ったので全力でオススメする。

    【ストーリー】
    世界観:「魔女」と呼ばれる特殊能力をもつ存在がいる。
    ガーデン:傭兵育成機関。彼らはSeed候補生として学び、任務につく。
    主人公:孤児院で育つ。エルオーネを姉と慕っていたが、置いていかれた過去をもつ。ガーデンではガンブレードを武器としており、風紀委員長のサイファーと衝突している。
    超はしょった概略:ガーデンは「魔女」を倒すSeedを育成するために作られた。さぁ、魔女を倒すんだ!俺はおまえたちの言いなりにはならない!みたいな。
    子どもの頃の記憶をなくしてしまっていたり、他人に自分をジャンクションさせられたり、「魔女」の力が継承されたりとスコール(とその周囲)の波乱万丈な旅(?)と成長の物語です。多分。
    正直、私はストーリーというか目的は、プレイしている最中に見失いました。今なにをすべきかはわかりますが、なんでこの流れになっているのか、迷いやすいかと思います。全体のストーリーを把握することが私には上手くできなくて、おまけに記憶が薄れてきているのでストーリーをまとめられなくてすみません。

    【戦闘システム】
    おなじみのターン制でGF(召喚獣)も使えます。ジャンクションがわかりづらいのが珠に傷。GFだけではなく、魔法をジャンクションすると耐性がついたりHPが増えたりするので、説明書をみつつしっかりジャンクションしましょう。
    特殊なのは魔法で、MPを使うのではなくアイテムのようにして使います。つまり、ケアル(99)の中から使っていくわけです。魔法をゲットする方法は大きく二つ。1つはモンスターから「ドロー」してストックする。モンスターのもっている魔法を奪って自分のものにするわけですね。もう1つは「生成」。GFの能力でカードやアイテムから作り出すわけです。
    が、ドローは非常に面倒です。私は1週目、これが面倒でやめちゃいました。なので魔法は生成するのがオススメです。モンスターの魔法は基本的に奪ったその場で使ってしまうと戦闘が楽です。
    お金(ギル)の入手も面白くて、お給料制です。スコールのSeedランクが上がるとお給料も上がります。働かざるもの食うべからずなので、戦わないといつのまにかランクも下がってます。
    モンスターをパカスカ倒して、奪ったアイテムで魔法を作ったり武器を作ったりしてどんどん強くなりましょう。
    が、うっかり楽しみすぎてLv100にすると、Lv5デスで即死するのでご注意下さい(笑)

    【まとめ】
    ストーリーは迷子になりやすいけれど、戦闘システムやカードゲーム、ちょっとした寄り道はとても楽しいのでオススメです!多少ストーリーがわかりづらくてもいいや、という方はぜひv
    エンディングまでいってから、もう一度オープニングを見ると感動します。

  • 初PSゲーなので思い入れがあります。
    ヒロインがアレだの、世間では割と散々な言われようですけど。
    サイファーと愉快な仲間たちや、親世代はとてもいい味を出していると思います。
    ジャンクションシステムも結構好きですよ。

  • 初めてプレイしたFF。

    批判も多いけど、好きです。
    何度SeeD試験を受けて何度アルティミシア城に乗り込んだことか。

    魔法を使うとき出てくる、ましかくのキラキラがお気に入り。

全15件中 1 - 10件を表示

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVIIIはこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVIIIを本棚に「プレイしている」で登録しているひと

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVIIIを本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーVIIIを本棚に「積ゲー」で登録しているひと

ツイートする