ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編 [DVD]

  • 56人登録
  • 3.00評価
    • (3)
    • (5)
    • (11)
    • (7)
    • (2)
  • 12レビュー
監督 : ティムール・ベクマンベトフ 
出演 : コンスタンチン・ハベンスキー  ウラジミール・メニショフ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142380623

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ロシア版マトリックス」という紹介がされてますが、どちらかといえば「コンスタンティン」に近い気がします。
    映像も音楽もストーリーもツボでした。
    洗練されてない所が光と闇が混在する世界観を描く魅力になっていると思う。
    冒頭の堕胎の呪いをかける女性の手つきが一番怖かった……。

  • 【あらすじ】
    古代より光と闇は争って来たが互角と気づき、光と闇以外の新たな種が現れるまで休戦するらしい。新種がどちら側に付くかで勝敗が決まるらしい。そして現代。アントンは浮気した恋人が自分に戻ってくるよう、腹の子は浮気相手の子だから流産させるよう依頼→寸でのところで光側監視人現れ阻止らしい。12年後、監視人になったアントンは闇側が一般子供を襲おうとしている情報をキャッチ→阻止に行く道中で闇に呪われた女性を発見したらしい。

    【以下ネタばれあらすじ】
    とりあえず女性は置いといて闇側の男を殺るが女には逃げられアントンぼろぼろで助けた子供は俺の子?つか新種?フクロウが女になり闇側の女は子供を狙い呪われた女性の影響でロシアに竜巻が!飛行機が落ちそうに!呪われた女性は自分で呪いをかけた?エレベーターがチョコレート工場の最後の方状態で飛び出しアントン錯乱して子供を殺そうとして「また殺すの」ってなって子供は闇側に付きアントンは絶望して闇側の大将をただ殴り続けるのであった。

    詰め込みすぎです。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • 2014/12/12 これは 大分前〜に観たけど…思い出したいのと 一緒に観てた 主人が寝て観てなかったので 再度借りた。光と闇の相対するものと人間と人間以外の相対 と 暗いけど…結構 面白かったけど…この 続編みたいなのが もっと面白かったような…?

  • マトリックスとロードオブザリングを足して2で割った感じ。舞台となるロシアの風景が新鮮。
    なぜか漂うB級感。演出や展開があか抜けていない感じがツボ。
    展開がややもたつく感じなので、ハリウッドのスピード感が好きな方にはつまらないかも。

  • 脚本に関していえば、あまりにもサブストーリーを盛り込みすぎて、どれがメインのストーリーラインか分からなくなっています。この一作だけで、連続ドラマが1シーズン作れるくらいです。そういう意味では、この脚本は失格ではあるのですが、しかし、そのマイナスを補ってあまりある世界観や設定で、これはすばらしい。ことに光と闇とを単純なる善悪に置き換えるのではなくて、光があれば闇がある、闇があるから光があるという思想に基づいているところはとてもハリウッドの映画には作れないところでしょうね。

  • [Ночной Дозор(Nochnoy Dozor/Nochnoi Dozor)] 2004年 ロシア PG-12

  • オカルティックな内容にそそられて借りたのですが、別に12年後の必要ないんじゃ、主人公あの若造のままでよかったじゃないか!

  • どこらへんが『ロシア版マトリックス』?

  • んー

全12件中 1 - 10件を表示

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編 [DVD]を本棚に登録しているひと

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする