ノエル [DVD]

  • 252人登録
  • 3.21評価
    • (8)
    • (34)
    • (77)
    • (17)
    • (2)
  • 51レビュー
監督 : チャズ・パルミンテリ 
出演 : スーザン・サランドン  ペネロペ・クルス  ポール・ウォーカー  アラン・アーキン 
制作 : デヴィッド・ハバード 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2006年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427634091

ノエル [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私はスーザン・サランドンに女性の魅力を感じます。

    洋画には比較的多いクリスマスの夜を群像劇的に描いた心温まる作品。この種の作品に共通している点は悪人が殆ど登場しないことでしょう。本作も母親の介護に疲れる独身女性を中心にクリスマスのエピソードを綴っています。タイトルにも書きましたがスーザン・サランドンの演じる女性の秘めたる美しさを彼女は、どの作品においても見事に演じています。

    彼女の主演作である『テルマ&ルイーズ』などはその代表作に思います。

  • どこにいたの?
    今何してるの?
    話せる時が来たら聞かせてね
    君の人生と僕の人生はもう混じってるんだから

    どこか痛いの?
    泣いてるの?
    たまに外の空気を吸いにおいで
    面白い話しをたくさん用意しとくからさ

    いつでも時間は空けとくよ
    そん時ゃ俺の話も聞いとくれよ

  • 請求記号:11D257(館内視聴のみ)

  • 大人のクリスマス・ファンタジー。
    ロビン・ウィリアムズの神父様って、なんて
    似合っているのだろ。
    (元・でしたが。)
    あんな笑顔で包み込まれたら、いろんな苦しみが
    薄れていく気がする。
    それだけに、あのラストには涙が、、、
    でも、「私が一緒にいて、1人じゃないから」
    という意味なのは分かるけど、「もう死んでも
    いいわよ」なんて言うのはいかがなものか、と。
    いい意味で言ったのは頭ではわかるのだけどね。

    あ、そうそう。病院の早とちりの看護師の
    オニーサン。実にいい味出してました(笑)

  • 色んなクリスマス。信じるものがあること、信じられることで救われるんだ。最近映画観ては泣いてしまう。前からか。。

  • 今日観た(笑)

    とっても素敵な映画だった!
    人ってなんて美しいんだろうって思った。

    クリスマス。クリスマス。
    やっぱり特別。とても大切。

    みんな一生懸命生きてて、結構色々あって
    でも頑張ってる。

    それぞれのクリスマス。
    ちょっとしたことやし、
    きっと誰にでもあることかも知れへんねんけど、とても暖かい。

    奇跡の物語だと思う。
    めっちゃ泣きました。家族とか、大切な人と観たくなる。
    ほんまにいい話やった!

  • ポール・ウォーカーにロビン・ウィリアムズと…。

  • ローズに焦点を絞ると、この人の行動範囲の広さに驚く。クリスマスの買物→病院→会社→年下の同僚とディナー→自宅→街中彷徨→他人宅侵入→飲み屋で語り合い→病院→桟橋→自宅。一体どういう時間軸なんだ。そんなエネルギッシュなローズですが、年下の同僚が出ていった後の背中の丸まった後ろ姿に、バツイチでもう若くはない女性の哀しみが滲み出ていて切なくなりました。

  • ラブアクチャリー的なやつ。
    ペネロペクルスがきれいらしい。

  • ニューヨークを舞台にクリスマス・イブに幸せな生活から取り残された人々を描いた群像劇。自分は警官とおじいちゃんのエピソードとロビン・ウィリアムスのエピソードがよかった。
    そして同フォルダーに分類される映画『ラブ・アクチュアリー』がまた観たくなった。

全51件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ノエル [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ノエル [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする