ミステリー・トレイン [DVD]

  • 51人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (4)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
出演 : 工藤夕貴  永瀬正敏  ジム・ジャームッシュ 
  • パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113819848

ミステリー・トレイン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フォロウィーさんがジム・ジャームッシュが好きなので
    その影響で最初の3作を観たら、めっちゃおもしろくて・・・
    「なんで俺はもっと早く観なかったんだ!!」と(笑)。

    映画なんですけどね、ジム・ジャームッシュって
    音楽で言うとNYパンクとかノーウェイヴじゃないですか。
    だから、自分がそれまで好きだったものが
    「ああっ、そういうことか!!」と全部つながって
    目からウロコがボロボロ落ちる感じ。

    それで順番に観ようと思ってたんですけど、この『ミステリー・トレイン』は
    どこのお店に行っても置いてない!!!!(泣)
    えぇーっ、VHS時代はどこ行ってもあったでしょ!
    なんで置いてないんだよー!!
    そんなメジャーな作品は今さら観るなってことか!!(憤慨)
    これ観ないと次の『ナイトオンザプラネット』に行けねーじゃん!!
    となって、ジム・ジャームッシュ祭りが止まっていました。

    最近になって行きつけのTSUTAYAで働いてる後輩から、
    「ネット検索って普通に使えるようになりましたよ?」と言われたのを思い出し
    そしてそして、市内に最近できたTSUTAYAの品揃えのよいこと!!!
    いや言うほどよくはないんだけれども!!
    それなりに置いてくれてる!!!
    行きつけのとこに全然なかったウディ・アレンもいっぱいあるw
    うぉーうれしー!!もう河岸変えるわ!!!


    というわけでやっと観れました・・・まずそれが嬉しすぎる・・・
    なんでこんな有名な映画でこんなに苦労してるんだか・・・

    永瀬正敏と工藤夕貴が出るのは知ってましたが、
    ずーっと主役かと思ったらオムニバスだった・・・知らなかった・・・
    永瀬正敏がもう、昔からあまり好きになれないんですよね。
    だからこの映画もずっと観てなかったんですけど。
    永瀬正敏とキョンキョンとフミヤとあと、ベンジーとか
    なんだろうなー、裏原の・・・あの時代の・・・
    ベンジーは全然好きだし、『濱マイク』もよかったけども。
    工藤夕貴はこないだ『台風クラブ』を観て、やっぱあれがベストだなあ。

    永瀬&工藤といえば相米監督!!
    ジム・ジャームッシュって相米作品好きだったんだろうか。
    キャスティングは日本の人だし簡単には言えないからわかりません。
    でもジムさんて元々日本の映画好きだよね。
    この映画、JVCだし'89年だし、ジャパンマネーが入ってるってことか・・・

    次にスクリーミン・ジェイ・ホーキンス。
    『ストレンジャー・ザン・パラダイス』では彼の曲が鍵だったのだけど、
    ついに本人でたっ!

    今回のテーマ(ソング)はエルヴィス。の、『ブルームーン』。
    こないだ『狼男アメリカン』を観たばっかだよ!!
    あれも『ブルームーン』がテーマで、サム・クック版とかも使われてました。

    2話目、中盤はちょっと中だるみでかったるい。
    前作に引き続き、ロベルト・ベニーニの奥さん登場。

    そして一番大事なのは3話目・・・
    2話目で「彼氏がエルヴィスって呼ばれてるイギリス人で・・・」
    とかなんとか・・・フラグが・・・
    出るぞ・・・ヤツが・・・
    ブシェミも出るぞ・・・

    もうね、ジョー・ストラマーの在りし日の姿を
    こうして映画で観れるってだけで、感激・・・。
    スコセッシの『キングオブコメディ』にもちらっと出るけど、
    なんていうか、NY派とクラッシュのつながりというか・・・


    おはなしそのものは大して面白くはないんです。
    のちにタランティーノたちが作った『フォー・ルームス』に近いような、
    あれもホテルの話だったってだけなんですけど(笑)。
    でもちっちゃいギャグでかなり笑えました。
    特に1話目の「完全に一致」シリーズ。
    あとジッポのつけかた!!!
    あれ友達に教えてもらって100円ライターでやってた!!!
    元ネタこれだったのか・・・。

    ストーリーそのものよりも、う~んなんていうのか、
    こういうと嫌な感じだけど、カルチャーとのつながりっていうか・・・
    元々クラッシュは好きで、とくに3枚目と4枚目がとても好きで
    一番好きなのは4枚目の『サンディニスタ!』だけど
    まあ普通は『ロンドン・コーリング』聴くよね。
    あれのジャケットってエルヴィスで、
    『ロンドン・コーリング』のシングルのジャケはもっとカッコよくって・・・
    エルヴィス、ボブ・ディラン、ビートルズ、ストーンズ、ピストルズを
    聴いてる子どもたちで、そしてクラッシュ!ってやつなんです。
    クラッシュもロックンロールやロカビリー、ネオロカ、
    サイコビリーの源流とかだし。
    でやっぱ日本で言うとベンジーだね。うん。

    でも僕の場合で言うと、ベンジーが一番好きとは絶対にならなくて。
    一番好きなのは吉野寿でそこは動きませんから(笑)。
    吉野=ダサいなんちゅう輩は本当に間違ってるよ。
    吉野さんはとてもおしゃれです。ダサいけども(笑)。

    あの人に僕は本当に影響を受けて、色んな良いものを教えてもらってる。
    元々好きだったものともつながってるし。
    ジェイ・ホーキンスもそうだし、マーク・リボーもそう。
    カウリスマキ、ダルデンヌ兄弟、ケン・ローチ・・・
    ニーナ・シモン、トム・ウェイツ・・・ブコウスキー。
    だから、吉野さんもジム・ジャームッシュは好きな気がしています。

    あとこの映画、スティルを撮ってるのが鋤田正義さんなんですよね。
    鋤田さんといえばほんとに、ロックなんですよ。

  • 「」


    l台のウォークマンを2本のイヤホンで聞くミツコ(工藤夕貴)とジュン(永瀬正敏)を乗せた汽車がメンフィス駅についた。
    <ファー・フロム・ヨコハマ>駅に降り立った2人はエルヴィスのグレースランドに行くか、カール・パーキンスらが録音したサン・スタジオに行くか口論する。結局ジュンが折れてミツコの希望するグレースランドに向かうが、たどり着いたのはサン・スタジオだった。2人はアーケード・ホテルに泊まることになり、ミツコはベルボーイ(サンキ・リー)に日本のプラムをプレゼントする。深夜、夜汽車を見ていたジュンはミツコと愛しあう。そしてラジオから流れるエルヴィスの『ブルー・ムーン』。翌朝荷作りをする2人の耳に銃声がこだまする。しかし彼らは驚くことなく、そっと部屋を去る。 <ア・ゴースト>メンフィス空港。遺体引き取りの書類にサインするイタリア女性ルイーザ(ニコレッタ・ブラスキ)は、飛行機の座席をとれず街に出る。
    1軒だけ開いていた雑誌店の男(サイ・リチャードソン)にありとあらゆる雑誌を売りつけられたルイーザは、アーケード・レストランで時間つぶしをしているところヘエルヴィスの幽霊の話をする男(トミー・ヌーナン)にからまれ金を巻き上げられる。アーケード・ホテルにたどり着いたルイーザは、そこでナイトクラーク(スクリーミン・ジェイ・ホーキンス)とベルボーイから宿泊を断わられているディディ(エリザベス・ブラッコ)と出会い、彼女と相部部で泊まることにする。ディディは恋人や兄と別れ、メンフィスを去る決意をしていた。ルイーザが夜汽車を眺め、『ブルー・ムーン』を聴いた後、エルヴィスの幽霊(スティーブン・ジョーンズ)が部屋に現われる。翌朝部屋を出る2人の耳に、1発の銃声が響いた。 ロスト・イン・スペース>黒人のたまり場の酒場ジェイズで、愛するディディに見放されたエルヴィスと呼ばれるイギリス人ジョニー(ジョー・ストラマー)が荒れていた。友人のウィル・ロビンソン(リック・アーヴァイルス)は、彼の義兄になる床屋のチャーリー(スティーヴ・ブーシャーミ)を呼びジョニーを送り出すが、途中立ち寄った酒場で、ジョニーが酒屋の店主(ロケッツ・レッドグレア)を撃ってしまう。行き場を失った3人は、ウィルの義兄がナイトクラークをしているアーケード・ホテルで夜を過ごす。酔いの中で、ジョニーはエディの白人差別に抗議する。またチャーリーは、ジョニーとディディが実は結婚していなかったことを知らされあきれる。翌朝、銃で自殺しようとしているジョニーを止めようとしたチャーリーの太腿を銃弾が貫いた--。
    ミツコとジュンの乗るミステリー・トレインにディディが乗り込んでくる。ルイーザは空港へと急いでいた。チャーリーを乗せたバンがパトカーに追われている。隣州へ向かおうとしているウィルとジョニーが運転したそのバンが、ミステリー・トレインと併走する。

  • この監督の「コーヒー&シガレッツ」がおもしろかったので、何の前知識なしに観ました。永瀬正敏、工藤夕貴が出演しててビックリした。しかも若い。

    最後にそうだったのか!!みたいなものもなく、メッセージ性もなく、終始淡々としてる。でも、ちょっとした隠し味が効いてる、そんな作品です。

    この監督独特の雰囲気は漂ってたけど、淡々としすぎたのか、何かもうひとつ物足りなさがあったので、★3つで。

  • ジムジャームッシュ監督のなんかテンポってゆうかそうゆうのすごくすきです。三つの微妙なつながり。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ミステリー・トレイン [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ミステリー・トレイン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ミステリー・トレイン [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする