西鶴一代女 [DVD]

  • 28人登録
  • 4.23評価
    • (7)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : 溝口健二 
出演 : 田中絹代  山根寿子  三船敏郎  宇野重吉  菅井一郎 
制作 : 井原西鶴  依田義賢 
  • 東宝 (2006年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104034946

西鶴一代女 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田中絹代の素晴らしさがこれ一本でわかった。また、溝口健二特有の長回しも最高!

  • かくも悲しき転落の人生、田中絹代の見事な演技を生んだ溝口健二の采配は、映画史に永遠に輝くだろう。

    ファーストシーン(これだけで映画の内容がすべてわかってしまうということ自体が既に神)、五百羅漢にかつての男と不幸を重ねる老醜「お春」の頭にかぶせていた布が、はらりと落ちる。ああ、これを目にできた私は、なんと幸せなことか!

    【ストーリー】
    井原西鶴の『好色一代女』を原作に、封建制度下の女の悲劇的流転の人生を巨匠・溝口健二監督が描いた。溝口監督にとっては宿願の映画化でもあり、その意欲と技術とが見事に結合し、最高傑作の誉れも高い名作中の名作に仕上がっている。長回しを活かしたショットの数々には一切無駄がなく、説明を排した様式美の描写からは、男たちとの出会いと別れを繰り返しては不幸になっていく女の哀しさと強さが際立って映えていく。溝口映画最大のヒロイン田中絹代の名演は、世界映画史上に残る素晴らしさである。ヴェネツィア国際映画祭では国際賞を受賞。後のフランス、ヌーヴェル・ヴァーグにも多大な影響を与えた。

  • 田中絹代の演技がすごくいい。
    それにストーリー構成とかもすごくいい。
    日本が世界に誇れる傑作だと思う。

  • 同じ監督作品の「祇園の姉妹」を見たときはあまりよくわからなかったんだけど、この作品をみたら、この監督が分かってほしかったのってこういうことか…ってひしひしと感じることができました。田中絹代がいたいたしい、悲しい。最後はつらくて涙がでました。

全5件中 1 - 5件を表示

西鶴一代女 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする