マインドハンター [DVD]

  • 117人登録
  • 3.43評価
    • (8)
    • (28)
    • (30)
    • (9)
    • (1)
  • 36レビュー
監督 : レニー・ハーリン 
出演 : LL・クール・J  キャサリン・モリス  ジョニー・リー・ミラー  ヴァル・キルマー  クリスチャン・スレイター 
制作 : ウェイン・クレイマー  ケヴィン・ブロドビン 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2006年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427634985

マインドハンター [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひどい
    撮りたいシーン見せたいトリックで話が無茶苦茶

  • 【あらすじ】
    FBI訓練生の若ハゲ♂・童顔♀・軽薄♂・自信家♂・真面目♂・色気♀・車椅子♂と監視役プロファイラーの8人はプロファイリングの訓練(ダミーの死体を置くので犯人とその動機や今後の犯行を推理するという訓練)で孤島に送られる。翌朝童顔がネコの死体を発見→口の中に10時を指した時計があった。訓練が始まりマネキンの死体をプロファイリング中、おもちゃのラジカセから音楽が→それを止めるとカセット口が開き置いてあったドミノがどんどん倒れいろいろあってヘリウムガスが噴出→ラジカセの前に立っていた…

    【以下ネタばれあらすじ】
    若ハゲが凍って粉々に10時!訓練とちゃうの!?状態でパニックに陥りコーヒーに睡眠薬が!起きたら軽薄の首取れた12時!プロファイラー怪しすぎ!監禁→水没→車椅子感電の危機を助け疑い晴れたが自信家刺殺18時!軽薄の爪中の血液が童顔のDNAと一致!かばう真面目に暗鬼の色気がタバコガスで悶死20時!教官の声が響くが実は教官も既に殺されていた!焦った真面目は撃たれ犯人を目撃した車椅子暴発死21時!童顔とプロry対決→防弾チョッキで復活真面目→童顔の作戦で真面目こそ殺人鬼と判明→何とか殺して一人前に。

    心理引っ掛けが多すぎて書いてるうちに訳が分からんことに。結構すごいメンツが贅沢な使われ方をしています。童顔かわいいなー。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  •  真犯人は参加者の男で、意外性がなかったのは残念。仮想の島の、しかも建物内を主な舞台に設定したのは、シーンが壮大になりすぎず良かったのでは。犯人の動機が薄すぎていまひとつ納得できない部分があるが、「ソウ」的な殺害方法の数々はなかなか凝っている。

    【ストーリー】
    FBI心理分析官(プロファイラー)を目指す訓練生のJD(クリスチャン・スレイター)やサラ(キャサリン・モリス)ら7人は、超難関の最終試験に挑むこととなった。試験の内容は、連続殺人犯をプロファイリングし、その正体を暴くというシュミレーション。試験の様子を内偵するためフィラデルフィア市警の殺人課から送り込まれたゲイブ(LLクールJ)と共に、7人の訓練生たちはヘリコプターで無人島に向かう。彼らを島に残してハリス教官が去った翌朝、シミュレーション捜査を始めたばかりの全員の目の前で、第一の罠にかかった仲間が見るも無残に殺される。自分達の中に犯人がいるのでは、と猜疑心が高まる中、犯人からの次なる殺人予告が届き、一同はパニックに陥る。生き残るために今までの訓練経験を駆使し団結しようとするが、犯人は訓練生たちがFBIで培ってきた能力や行動パターン、彼らの心理までをも完全に読んでいた。訓練生たちの普段の何気ない行動と結びついた緻密に練られた残酷な罠は、次々と訓練生の命を奪っていく。追い詰められていく訓練生たちは、緊張感高まる中、互いの心を読みあい、そして疑いあう。彼らは犯人の正体を暴くことができるのだろうか。

    無人島で行われる心理分析官(プロファイラー)の最終試験で殺人事件が起こり、訓練生たちが互いの心を読みあい犯人を探る、心理サスペンス。監督は「ダイ・ハード2」「クリフハンガー」のレニー・ハーリン。出演は「エニイ・ギブン・サンデー」のLLクールJ、「イーオン・フラックス」のジョニー・リー・ミラー、「マイノリティ・リポート」のキャサリン・モリス、「アレキサンダー」のヴァル・キルマー、「トゥルー・ロマンス」のクリスチャン・スレイター。

  • LL・クール・Jが出ているあたりで察すればよかった。正月早々こんな物を観てしまった自分自身に腹が立つ。犯人の動機がこれであれば、全ての不条理が許されてしまうという御都合主義映画。

  • その場にいるメンバーの癖や弱点を利用して連続殺人を行うっていうコンセプトが少しリアリティに欠けますが、なかなか面白かったです。
    普通こういう映画って犯人がすぐ分かってしまうんだけど、この作品は最後まで誰が犯人か分からなくてハラハラドキドキできました。グロテスクな映像のシーンが結構あってそれにはびっくりしたけど。

    でも、タバコで死んだあの人はFBIにしてはちょっと危機感が足りないような・・・あの流れで来たら普通犯人の罠だってすぐに気づかないかな(^^;)私の気のせい?

  • 特に期待もせずぼんやりと観ていたんだけど、
    意外や意外。B級映画ながらなかなか面白かったです。

    心理分析官を目指す7人のFBI訓練生たち。
    最終試験を受けるために無人島を訪れるが、、、というお話。

    アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」同様、
    次々と訓練生達が殺されていく訳なんですが、その殺し方がまたムゴイ。
    ドミノ倒しのシーンなんて、よくまぁこんな事思いついたな、と。
    そしてあんなに時間があったのに、突っ立ったままなの?と(笑)

    色々ツッコミ所もあるのですが、
    個人的には「CUBE」と同じ匂いを感じて、結構楽しめました。
    ただ、猫好きにはちょっと目を背けたくなるシーンも……

  • 我孫子武丸が勧めてたので。
    最初の一人が死んだ瞬間「B級スプラッタちっく!」と思ったけどなかなか面白いどんでん返しでした。ホラー映画顔負けの吃驚ポイントも随所に。どきどきした。

  • 犯人の仕掛けが次々出てきて飽きない。面白い。でもまた次に観る時、犯人忘れてるんだろうなw

  • 好きな俳優さん目当てで観ました。
    大方予想通りの展開でそれはそれで「だよねー!寧ろ期待してました!」という感じでそこに不満はないのですが
    好きな俳優さんのやられた理由が雑でちょびっと残念でした。

  • なかなかおもしろかった。しちゃだめだけど、このくらい綿密に練った作戦を考えてみたい。

    FBIの分析官達が演習のため島へ上陸。しかしそこで起こったのは演習ではなく、本当の殺人事件。誰も信用できない。
    さすがそこは分析官で犯人像を分析していく。これは無差別殺人ではない。各々の弱点と特性を読んだ上で作戦が練られている。更に何重にも仕掛けられる罠。
    最後に残った主人公のサラと同僚のルーカスとFBI捜査官の男。三人のうち誰かが犯人という状況の中で、サラとルーカスは一番あやしい男を協力して倒す。そこでサラは証拠になるよう犯人に罠を仕掛けていたが、まさか犯人はルーカスであった。殺されかけたが見事弱点の水を克服しルーカスを倒す。

全36件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マインドハンター [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

マインドハンター [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする