スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]

  • 1002人登録
  • 3.77評価
    • (141)
    • (152)
    • (210)
    • (21)
    • (3)
  • 114レビュー
監督 : リチャード・マーカンド 
出演 : マーク・ハミル  ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アレック・ギネス 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142400024

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あらためて、スター・ウォーズはダース・ベイダーの物語だと実感。
    せっかく、帝国軍に勝ったのに、この後また、同盟軍は窮地に追い込まれ、レイアは苦戦することになる。統治に問題があるのでは?

  • 皇帝がものすごくあっさりやられてしまうのは、なんなんだと思ってしまうが、そこは主題ではないので、いいのか・・・。
    ダースベイダーの親の心・善の心の葛藤がマスクをしていたけど何となくわかるのはいいね。
    ハンソロとてレイアとルークの関係も、落ち着くとこに落ち着いたという感じで、そういう設定もよかったのでしょう。
    ハッピーエンドなのだろうけど、エピソード7でまた帝国が復活しているのようなので、共和国には統治する人材がいないんではかなろうかと。
    帝国の支配の方が、戦争もなくていいんじゃね?と思ったり・・・。

  • エピソード1から観始めて、やっと終わった。
    なんていうか、1から観始めたから特にそう感じるのか、散々がんばった挙句、最後はあっさり終了。あれ?みたいな感じの拍子抜け。皇帝、見くびれんすごい力あるんちゃうんかいっ!ダースヴェーダー、ここまで散々悪さしといて、ようそんな簡単に寝変えれるな!仮面を取ったら、意外とハイテクじゃないな・・・。ってもうその辺の突っ込みどころが満載すぎる。でも、そこがいいところかも。
    あんまり重過ぎる映画は好きじゃないので。笑えるレベルがちょうど良い。

    まあ、もともとこの手の映画が大好きというわけじゃないので、エピソード7からまた観始めるかどうかはわからない。1~3を観た限り、メカに懲りたおした映像の壮大さ重視の若干マニアックなものになっているんじゃないか?って気もするし。

    でも、とにもかくにも楽しませてもらいました!

  • 何度も言うけど子どもの時に初めて観た時はルークとレイアがくっつくと思ってたんですよ…
    でも「ルークが好きなんだろ?」ってレイアにハンソロが寂しそうに言ったシーンが好き。ルークをちゃんと友人として認めているんだな~その後のレイアの笑顔がとびきり可愛い。

    ルークが活躍する話、って感じでルーク好きにはたまらない最終作だった!
    フォースが強いから色々なことを感じるようになったというのがやっぱりアナキンの息子だな~という感じがして良い。ルークほどではないけどレイアもフォースを感じてたのかな?二卵性なんだろうけど身長的には双子っぽくていいと思う。褒め言葉だよ!
    ダークサイドに浸かったままだったアナキンが最後あんな行動に出たのはやっぱりルークに出会ったからなんだろうな…と思うと最終局面はうるっとくる。
    イウォークすごく可愛い…これの中にハリーポッターのフリットウィック先生役の人がいるんだよね確か。爆撃で死んじゃったイウォークとそれを悲しむ仲間の描写が細かくて切なくなった。

    フォースの覚醒観に行った後にep1から見直した。母と久しぶりに観賞したけど母曰く昔映画館で観た時、最後のアナキンはおじさんの姿だったそうで…いつの間にかヘイデン・クリステンセンに変わってる!って笑ってました。おじさんの方も観てみたかった…




    お願いだからep7以降でルークとレイアのような設定にするのは本当勘弁してください…また絶望してしまいます…いやどんな展開になろうと多分好きになるからいいんだけどさ…

  • SW6部作で一番好きかもしれない。
    イウォークの可愛さっぷり。
    エンディングは感動的!!!
    男のロマン、ここに完結。

  • 8月8日鑑賞。スター・ウォーズサーガの第6作、現時点での最終章。第2のデス・スターの建設に着手、勢力を全銀河系に拡大しつつある帝国に対し、銀河連邦軍は最後の総攻撃を仕掛けようとしていた・・・。砂漠の惑星タトゥイーンでのハン・ソロ救出、緑の惑星エンドアでの高速チェイスと軍団戦、宇宙空間での艦隊戦などアクションシーンのバラエティが豊かで見所が多い。間抜けなハン・ソロ、とぼけたC3PO、かわいいイウォークたちなどのジョージ・ルーカスのいつもの演出もご愛嬌。最後のルークとダース・ベイダーの戦いの意味は、新シリーズ・エピソード1~3を観てからだとなお深く、心に響くものがある。

  • 最後・・・・三人!!
    ジェダイが三人!!!!

    一番、気持よく終わる。

    これを観終われば、ライトセーバー振り回したくなります。

  • 物語の時間軸で言うとスターウォーズ・サーガの完結編。
    ジェダイの帰還といタイトルがまたいいなと。
    これ、昔はジェダイの復讐みたいなタイトルだったけど
    長年の時を経て、ようやく帰還という正式タイトルに。
    個人的な意見を言うと、まずエピソード4、そして5を観て
    ダースベイダーへの敵対心を高める。
    そしてエピソード1、2、3でアナキン・スカイウォーカーという男の
    不器用な生き様を目に焼き付ける。
    それからこのラストのエピソード6を観るのが
    一番スターウォーズを楽しめる見方ではないのかなぁと思います。
    このDVD盤のエピソード6だとラストのアナキン、オビ=ワン、ヨーダが
    ルークの前に姿を現すところでの場面で、
    アナキンがエピソード3のアナキンになっております。
    エピソード3を観終わった後にこれを観ると、
    不覚にもウルッときてしまった。
    これはイイ改善だったんではないかなぁと思います。

  • みどころ:ジャバザハットを鎖で締め上げるレイア姫。

    前作「帝国の逆襲」でベイダーが実の父だと知らされ、戦いに敗れたルーク。
    仲間とともに、氷漬けにされて行方不明のソロを探しに行く。ソロはあのジャバザハットのコレクションの一部となっていた。
    レイアの機転などでソロは氷漬け状態から抜け出したもののルークたちとともに掴まってサーラックという化け物の餌にされそうになる。レイア姫も捕まり、なぜかセクシー衣装でジャバザハットの奴隷になる。
    ルークたちはライトセーバーを使いこなして危機を乗り越え、レイア姫が鎖一本でジャバザハットを締め殺して(すごい!)生還。

    その後ルークはさらなる修行を積もうとヨーダのもとを訪れるが、ヨーダは「教えることはもうない」と言って天寿を全う。
    ダース・ベイダーとの戦いは避けられないと知ったルークは、仲間とともに彼らのいるデス・スターを破壊しに向かう。
    ちょっと見た目がかわいいイウォーク族の助けなどを得て戦線を突破し、ルークたちはデス・スター内部へ。
    ルークと父・ベイダーとの一対一の決闘となる。
    戦いの末ベイダーが破れて亡くなるけども、親子の和解で終わります。

    前作でソロを罠にはめた形になり、チューバッカから恨まれてたランドが、ラストシーンでそのチューバッカと健闘をたたえ合っていたのが良かった。
    C3POが神になってちょっと調子づいてるシーンもなかなかでした。

  • Amazon Videoで見終わってた。

全114件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする