Half the Perfect World

  • 12人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
アーティスト : Madeleine Peyroux 
  • Rounder / Umgd (2006年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0011661325227

Half the Perfect Worldの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • I'm All Right//Madeleine Peyroux

    さて、マデリン・ペルー、有名アーティストではありますが、「え? 知らない・・・」という人は多いのではないでしょうか?

    というのも、どちらかというとジャズ・シンガーなんですよねぇ(笑)

    ビリー・ホリデイの再来、と言われ、独特の雰囲気を持つボーカリスト、マデリンの魅力はというと、一言では難しのですが・・・。

    圧倒的な歌唱力がある、という感じではなく、すごく個性的、というわけでもなく。

    なんだか寂しげで、でも暖かくて・・・。

    「なんか、いい!」これしか言えないような、不思議な魅力を持ったアーティスト、それがマデリン・ペルーなんです。

    この曲、「悲しみにさよなら」(原題:I'm All Right)も、古いジャズのスタンダード・ナンバーのような、シンプルで懐かしい感じがして、ブルージーだけどポップで、「ああ、こんな曲、聴きたかったんだよな~」と思わせてくれるような曲ですよ(笑)


    「彼は私を置き去りにして
     彼は私を泣かせた

     でもいいの
     私は大丈夫
     これまでだって ずっと一人ぼっちだったから」


    と、歌詞はあまりにも切ないけれど、マデリンの歌は淡々として、悲壮感がありません。

    その淡々とした感じは、ノラ・ジョーンズやジョニ・ミッチェルにも通じるものがありますが、それもそのはず、セカンド・アルバムからプロデューサーを務めているのは、ジョニ・ミッチェルのプロデューサーでもある、ラリー・クライン。

    そしてソング・ライティングには、ノラ・ジョーンズの作家陣にも加わっている、ジェシー・ハリスが参加しています。

    そうそう、彼女はちょっと変わった経歴の持ち主。

    13才の時、両親の離婚をきっかけにパリに移住してから、ストリートで音楽活動を始め、メジャー・デビュー以前の10代の頃、すでにヨーロッパ・ツアーを行っていたという早熟の天才。

    しかし、22才のデビュー後、なんと8年間も第一線から姿を消してしまいます。

    次作のレコーディングが、納得のいくものができなかった、という話がありますが、真相は謎。

    そして空白の8年後、ラリー・クラインと出会って制作した2004年のアルバム「ケアレス・ラブ」は大ヒット。

    2005年にはプロモーションやツアーで忙しい日々を送りますが、そんな中、またもや失踪事件!?

    ・・・と、行動が謎めいているところが、ジャズ界の天才っぽいかも(笑)

    この曲「悲しみにさよなら」は、日本でも地道にヒットし始めていますが、今後の活動はどうなるんでしょうか?

    また失踪、なんてことにならず、日本にも公演に来てほしいものだけどねぇ(爆)

    アコースティックな落ち着いたジャズ・コンボによる今回のアルバム「ハーフ・ザ・パーフェクト ~幸せになる12の方法」(原題: Half the Perfect World)。

    題名も粋で、サウンドは余計な装飾がなく、必要最小限の音で作られた、大人の世界です。

    忙しい毎日の中でささくれ立った心を、いやでも鎮めて癒してくれそう。

    ジョニ・ミッチェルのカバーのほか、チャールズ・チャップリンの名曲「スマイル」もおすすめですね(笑

    冬の夜長のお供に、いかがですか?(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Half the Perfect WorldのLP Record

Half the Perfect WorldのMP3 ダウンロード

ツイートする