プロフェッショナル 仕事の流儀 アートディレクター 佐藤可士和の仕事 ヒットデザインはこうして生まれる [DVD]

  • 56人登録
  • 3.65評価
    • (7)
    • (4)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 茂木健一郎  住吉美紀  佐藤可士和 
  • NHKエンタープライズ (2006年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988066151583

プロフェッショナル 仕事の流儀 アートディレクター 佐藤可士和の仕事 ヒットデザインはこうして生まれる [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・アートディレクター=医師
    ・広告は見てもらない前提→インパクト、その人のフィルタを打ち破って飛び込む、際立たせる、思いっきり割り切るいさぎよさ
    ・迷ったら困難な方を選ぶ
    ・コンセプトを純度高く磨きぬく。そこに残ったものが届く・売れる
    茂木さん→シグナルは強いほど相手に伝わる、理にかなっている
    ・ダサくても本当に売れるものを作ろうと思って、自我を捨てることができた
    ・アイデアは繊細→ビジュアル化するとイメージ引きずられる。頭で固まるまで描かない
    ・広告=服を着せるのではなく、裸にする。本質。
    ・コミュニケーションができないのはコミュニケーション回路障害だと思ってる。デザインで橋渡しをしたい。
    ・検証は例えばプレゼンなど全て用意(新聞広告、パネル、看板ができた街の風景の合成など)
    ・自分が楽しんで、良いと思うものを作る=嫌だと思うものは人に失礼

  • 比べると悪いけど、この人は別のプロフェッショナルで紹介されたグラフィックデザイナーの佐藤卓さんとまったく違う売り方をしていて違和感を抱いた。
    もちろん人それぞれにやり方はあるだろうがこの人はなんかラッキーで上がれた人っぽい匂いがする。
    話が面白くないし、話が面白くないってことはプレゼンも弱いだろうから一発屋みたいなものかなと思う。
    最後に個人的にこの人のデザインは合いません。

  • いまじゃ引く手数多の彼だが、入社数年はあまり大きな仕事ができなかったというのが印象的であった。彼が一皮むけたのは、自意識を捨て、クライアントインテリストファーストに徹せることができたから。これもプロフェッショナルに不可欠な要素。人間はちょっとした気付きで生まれ変われると再認識。
    彼の広告はコミュニケーションのツール。自分の思いやコンセプトを伝えるために徹底的なロジカルシンキングをしているのが興味深かった。

  • アートディレクター、佐藤可士和の仕事の流儀・・・。

    「迷った時はもっとも困難な道を選ぶ」

    自分が考えることが一番ハードルが高いから。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

プロフェッショナル 仕事の流儀 アートディレクター 佐藤可士和の仕事 ヒットデザインはこうして生まれる [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

プロフェッショナル 仕事の流儀 アートディレクター 佐藤可士和の仕事 ヒットデザインはこうして生まれる [DVD]を本棚に登録しているひと

プロフェッショナル 仕事の流儀 アートディレクター 佐藤可士和の仕事 ヒットデザインはこうして生まれる [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする