黒の超特急 [DVD]

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 増村保造 
出演 : 田宮二郎 
  • 角川映画 (2006年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111282613

黒の超特急 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新幹線の開通という大事業の裏にある、汚職、殺人、ゆすり・たかりといった社会の暗部を描いている。面白いところは、悪人が悪を暴くという構図となっているところ。最終的にパートナーの死によって野心的に金を追い求めていた自分に虚しくなる姿が描かれているが、ビジネス的にその虚しさを解釈すると、何ら自分が価値を生み出していないことに気づいたというべきか。バブル時代の土地転がしや株の投機といった金儲けは、冷静に考えれば明らかにおかしいが、それに気づかせない怖さが金にはある。とはいえ、登場人物のように恵まれない暮らしを送り、金がない不自由さをずっと感じて生きてきたとしたら、きれいごとなど言えないのかもしれない。あるに越したことはないが、あり過ぎても困るものが金なのか。いずれにせ、金を使って新しい価値を生み出すことに自分は集中すればよい。

  • 田宮二郎の原点を見るようです。
    屈折した二枚目だなぁ。
    それにしても加藤大介みたいな役者がどうしてこの時代活躍したんだろうなぁ。

  • ゆすり合いの応酬が続いて平板に感じないでもないですが、このシリーズ特有の閉塞した空気の中で加東大介が面の皮が厚い悪役ぶりをストイックに演じるもんですから、なんとも息詰まるような感覚にさせます。インサイダー取引が殺しにまで転じるのは現実的な話で、フィクションの名を借りつつ告発の一面もあるのかもしれない…最後のシーンのように、市井は平和なものですが。

全3件中 1 - 3件を表示

黒の超特急 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする