潮騒(新潮文庫連動DVD)

  • 38人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (6)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
監督 : 森永健次郎 
出演 : 吉永小百合  浜田光夫  清川虹子 
制作 : 三島由紀夫 
  • 日活 (2006年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988103601392

潮騒(新潮文庫連動DVD)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 若い頃は、例のシーン(「その火を飛び越えて来い!」のところ)を見て、なんて汚らわしい映画なんだと思っていましたが・・・。
    年齢を重ねたいま、改めて見てみると、全体を通して初々しくて爽やかじゃないかとまで思うようになっていました。
    わたしが大人になったのか、汚れてしまったのか・・・。
    でも例のシーンは、やっぱり素直に受け入れがたく、違和感を感じてしまいます。

  • 吉永小百合か山口百恵か、どちらにするか迷いつつ、最初に手を取ったのがこちら吉永版。

    毒蛇とか灯台とか時化とか海女とか嫁取りの通過儀礼みたいなのとか、好きな要素が散見する作品でしたが、やはり一番生き生きと美しく見えたのは、予想通り「その火をとび越えて」のシーンでした。
    神話的・原初的な光景にこころがゆさぶられます。

    ただその後のスン止めはちょっと違和感がありますが。
    あと、その後の処女に対する拘りも。

    神島のような古き日本の風俗が残っているようなところなら、性にもっとおおらかなイメージがあったので…。
    まあ、日本の島を舞台としただけの、より普遍的なお話だととらえて鑑賞すべきなんでしょうね。

  • 監督 : 森永健次郎
    出演 : 吉永小百合 浜田光夫 清川虹子
    制作 : 三島由紀夫


    荒々しくも雄大な自然が広がる伊勢湾の小島を舞台に、漁師の青年・新治と船主の娘・初江との純愛を描く。

  • 和風メロドラマ。すっごいH。劇的なシーンのカメラワークも印象的。自分で運命を切り開く展開も素晴らしい。

  • 金閣寺、仮面の告白…程度しか三島由紀夫作品を読んでいなかったので、潮騒を観て、青春小説も書くの?と驚いてしまいました。元祖?あまちゃんストーリーでした。

  • [1964年日本映画、TV録画鑑賞]

  • 4、5年まえだったか、若い頃の吉永小百合さんの映画ってどんなんだろうと思って、いくつか作品を観たら何気に楽しめたので、勢いでこの作品を観たら、途中で寝てしまってそのままとなってました(笑)久しぶりにもう一度チャレンジしてみたら、最後まで観れました!どうやら、前回途中で寝た以降からそれぞれの登場人物の心理描写がぐっと僕の心に響いてきました。後半からは何というか、浜を舞台にした”ロミオとジュリエット”というような感覚さえを受けました。昔の作品に手軽に出会え、鑑賞できるなんて、時代の恩恵だなとつくづく思います。

  • 吉永小百合の美しさが際立っていました。当時、期待されている若手女優が演じることが、暗黙の了解とされていたこの作品を見事に演じきっていると思います。

  • 志摩、鳥羽、愛知、三重などを舞台とした作品です。

  • 漁師という、自然に向き合う男の強さを感じた。

全11件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

潮騒(新潮文庫連動DVD)を本棚に「観たい」で登録しているひと

潮騒(新潮文庫連動DVD)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

潮騒(新潮文庫連動DVD)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする