マスターズ・オブ・ホラー DVD-BOX Vol.1

  • 16人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : 三池崇史  ダリオ・アルジェント  ジョン・カーペンター  スチュアート・ゴードン  ラッキー・マッキー 
出演 : 三池崇史 
  • 角川エンタテインメント (2006年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111282460

マスターズ・オブ・ホラー DVD-BOX Vol.1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「閉ざされた場所」「ゾンビの帰郷」がお気に入りです!ホラーアンソロなので色々好みがあると思いますので、ボックス登録しつつ単品がオススメ。

  • 13人のホラー映画の巨匠が“競作したTVシリーズもの。(これ見たさにスカパー!ホラーTVチャンネルに加入したという過去…)。一同に会したことにも私にとって価値がある。だって、ダリオ・アルジェントだよ?ロメロだよ?ジョン・カーペンターだよ?ドン・コスカレリだよ?(…以下略) これ、ケーブルTV(SHOWTIME)っていうのも凄いと思うし。因みに、三池監督作品はアメリカではあまりの内容との判断で放送禁止でした。

  • 『虫おんな』鑑賞。

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2006/12/__9024.html" target="_blank">2006年12月21日</A>

  • こっちのBOXにはジョン・カーペンターの作品『世界の終わり』が収録されてるので、ちょっと★多め。この企画中、No.1はウド・キアーの怪演が観れただけでも幸せいっぱいのこの作品。ストーリー的にも大好きだったし。
    ラッキー・マッキーの『虫おんな』も全く期待してなかった分、かなり楽しめた。よいね。
    ダリオ・アルジェントの『ジェニファー』も良かった、映像の色味とかモロ『フェノミナ』的な色を放っていたような気がした。
    三池崇史監督の『インプリント』もすごくキレイで◎。昔の日本て本当にこういう世界があったんだろうな…といろいろ考えてしまう。朱の色がもう果てしなく綺麗。
    ラリー・コーエン監督の『ハンティング』、ドン・コスカレリ監督の『ムーンフェイス』。おお!こんなところにこんな俳優さんが!という楽しみ方もできてかなり楽しめました。ストーリーもまあまあだったし。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マスターズ・オブ・ホラー DVD-BOX Vol.1に関連する談話室の質問

マスターズ・オブ・ホラー DVD-BOX Vol.1はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする