雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション [DVD]

  • 25人登録
  • 3.95評価
    • (8)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
監督 : ジーン・ケリー  スタンリー・ドーネン 
出演 : ジーン・ケリー  デビー・レイノルズ  ドナルド・オコーナー  シド・チャリシー 
制作 : アドルフ・グリーン  ベティ・コムデン 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2006年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135578037

雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最高に幸せで楽しくなる映画です。無声映画からトーキーに変わった過渡期の話。売れっ子俳優のジーン・ケリーが実は全く売れないショー芸人で一緒にドサ廻りしていたのがドナルト・オコーナー。
    スタントマンとしてキャリアを積み、押しも押されぬ俳優になったジーン・ケリーに、映画を取り巻く環境の大きな変革の渦が待ち構えていました。
    そんな時に親友ドナルド・オコーナーのユーモアと、ドサ廻り時代に積み上げてきたことが活きてくるのです。

    有名な雨の中で踊るシーンは、好きな女性への気持ちがあふれて、乗って帰るはずのタクシーを断り、雨の中に飛び出すのです。

    「大好き」
    恋愛のワクワク感を思い出させてくれます。

    笑いもあって、しかもケリーとオコーナーのタップは迫力があります。

  • ミュージカルの突然唄いだす踊りだす、そういう現実感のなさが苦手と言う人は多い(実は私もそのタイプ)ですが、これは不思議なくらいすんなり入ってくる。ジーン・ケリー可愛い。アテレコのシーンのコメディとか、今でも結構笑えて良いです。雨の中のタップは超有名。
    「yes」「no」のずれた応酬は何度見ても笑ってしまう

  • 一番好きな映画。
    サイレント・ムービーからトーキー映画に切り替わる時代のハリウッドの、映画に関わる人々の試行錯誤を最高のコメディとして描いています。
    実際にリナみたいな女優はいたんじゃないかな〜とか……(笑)
    デビー・レイノルズも可愛いし、何よりジーン・ケリーとドナルド・オコーナーの身体能力の高さにほれぼれします。二人のタップダンスは一見の価値ありです!!
    楽しい気持ちになる作品です。

  • 単純な話だけれど、見れば元気になれる、本当に素晴らしい作品。
    映画の中の映画です。私の中で1番とも言えるほど、愛すべき作品です。

  • 大好きな映画。そしてミュージカル。こんなにも雨の日が楽しくなるなんて思わなかったです。脚本担当、ベティ・コムデンのご冥福を心からお祈り申し上げます。

  • 弾ける面白さに、観ているだけで心がウキウキして引き込まれます。
    なんてことないように流れるダンスシーンの技巧の高さも必見。
    個人的には「コズモ」が大好きv
    字幕を選べば、また素敵なボケツッコミがあります♪
    名作といわれる作品はちょっと敷居が高いかな、…とか思っていた自分もびっくりの面白さです。

全6件中 1 - 6件を表示

雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする