美しき運命の傷痕 [DVD]

  • 72人登録
  • 3.36評価
    • (3)
    • (14)
    • (23)
    • (4)
    • (0)
  • 21レビュー
監督 : ダニス・タノヴィッチ 
出演 : エマニュエル・ベアール  カリン・ヴィアール  マリー・ジラン  キャロル・ブーケ  ジャック・ペラン 
  • スタイルジャム (2006年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953012288

美しき運命の傷痕 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2007.6 視聴

  •  

    エマニュエル・ベアールが主演ということで借りたこの映画。他のフランス映画を見ようとしたときにCMでやっていた時からこの映画はかなりシリアスなものだなあと思っていましたが、本当にそうでした。とにかく流れる音楽がホラー映画並みに怖くてより、臨場感を漂わせていました。

    何が彼女たちの恋愛観を崩していたのかずっと謎でしたが、父親の自殺が関係していたんですね。そして冒頭シーンがなぜあのようなものだったのか、ようやく理解しました。裸だったあの男の子が誰だったのかも。でも、父親が悪いのではなかった。濡れ衣を着せた母親にもある意味では悪者です。でも、母親は最後に「それでも私は後悔していない」と。いや~どこまで歪んでいるんだこの母親はと思いました。そのせいで娘たちも狂ってしまったし。

    長女・ソフィの夫の不倫を探るシーンは本当にすごかったです。彼女の表情や仕草が恐ろしく、ハラハラしました。自分が子どもの頃、父親が無理しても家に入ろうとするシーンと、自分の夫が家に入ろうとするシーンがデジャブでしたね!でも、ソフィの場合は入れさせなかった。自分の子どもたちのはそのような思いはさせたくなかったんですね。体張って守っているのが母親らしいと思いました。次女・セリーヌは父親の自殺からなのか恋愛に対して億劫というか、かなり慎重でしたね。無理もないと思います。でも、母親の世話をちゃんと見るところとか考えると彼女が一番良い奥さんになるんじゃないかなと思いました。そして三女のアンヌ。ま~しつこくて重い女でしたね!でも可愛らしいので許します(←何様)。多分赤ちゃんいましたね。なのに不倫相手は逃げようとして…これは男も男です。でも最後は事故死…つらい現実が彼女につきつけられました。何とも哀れで可哀想な三姉妹の末路だったと思います。それでも、前に向かって歩かなければならない厳しい現実でした。セリーヌが多分お父さんのお墓に行こうとしたときに、墓がなかったのがすごく無念でした。

     

  • 途中で(あるいは最初から)間違いだと気づいても、よくないと気づいても、止まらない。
    カッコウの雛は背中が窪んでいる。他の卵を落とすために。
    偶然ではなく運命。
    教授さん、不幸で知的でない死に方だった。

    連鎖し、子に受け継がれる?私は全く後悔していない、というお母さんの言葉。

    万華鏡。人々の中の一篇として?変わっていくことではなさそう。
    建物も円形。最初の父の部屋に行くシーンもくるくる回るように進む。
    瞳のアップが多かった気がする。

  • 随分昔に観たもんで、内容は朧気にしか覚えてませんが、エマニュエル・ベアールの分厚い唇に吸い付きたいとだけ申しておきましょう。

  • 運命の傷痕とはまさに。トラウマからの歪んだ愛情が痛々しい。事件は偶然ではなく運命だったということ。それについて教授が説くシーンが結果蘇る。色で表す女性たちの持つ感情も魅力。

  • 94点。女性の自尊心とはなんと反理性的なものなのっ!「運命」と「偶然」そして「理性」とは。これらを伝えるためにはこうくるのか。間違いなく男性目線だが、岩波の青い本好きにはたまらない映画、でしょう。あ、あとホントはこっちがメインかもしれないけど色で表現する絵画的な各キャラの象徴もよかったね、特に赤がわかりやすくて。その辺は『トリコロール』意識してんのかな。

  • 言いたい事はよく分かる。
    お母さん、怖いね。

  • なかなか最初は登場人物の関係性が見えず、話はどこまでも鬱々と進行して行きましたが、代わる代わる登場した女性3人が父親を自殺で亡くした姉妹であって、父親を自殺においやった最初の出来事が今となって明確になり、3姉妹で母に伝えにいくが、後悔はないという母の言葉で終わり。時間が経ち過ぎて、今さら父の姿が分かっても、どうすることもない…至極真っ当な終わり方ですが、観ている方が置いてけぼり。

  • (2005 フランス/イタリア/ベルギー/日本)

  • 女性の本質が出ているのかな、おどろおどろしい音楽が素敵だった。

全21件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

美しき運命の傷痕 [DVD]を本棚に登録しているひと

美しき運命の傷痕 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

美しき運命の傷痕 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする