コンスタンティン [DVD]

  • 45人登録
  • 3.43評価
    • (9)
    • (3)
    • (28)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
監督 : フランシス・ローレンス 
出演 : キアヌ・リーブス  レイチェル・ワイズ  ジャイモン・フンスー  プルイット・テイラー・ヴィンス  ティルダ・スウィントン 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2006年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135580412

コンスタンティン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キアヌがかっこいいからもう満点。

  • (C)

  • この世には、悪魔や天使が宿った人間が生息しており、私立探偵のジョン・コンスタンティンは、彼らを見分けることができる。死後、自分が地獄へ送られる運命にあると知った彼は、悪魔を倒すことで、天国に行こうと目論む・・・。アメコミが原作らしいこの映画、単純に娯楽で見るにはおもしろい。とりあえずCGが凄いです。やる気ないキアヌもカッコイイ。☆3.5つ。

  • 地獄に片足突っ込んだ主人公が、どうにかして天国に行こうとする禁煙推進映画。

  • 意外とおもしろい。

  • 個人的にわりと好きな作品です。宗教的な雰囲気があるので知識があったらもっと楽しめたのかな、と思ってる。

  • 終わったの???って感じ。何も感じなかった。

  • いまいちの感じでした、危機感がいまいちですね。キリスト教の方は必見なのかも

  • ついでに「コンスタンティン」のDVDを買ったんでそれの感想に関しても。
    キアヌ・リーブスが好きかと尋ねられると実は微妙、だが彼の出演作はJMやマトリックスを含め時々私の興味をそそるものであることが多いので、付き合う機会が多いのだ。

    原作は知らなかった、知っていなくて幸運だった、アメリカンコミックは存外嫌いではなくて欲しいと思うものもあるのだが(既に古典の部類に属する)、この作品については原作は金髪のイギリス人なのでそれを知っていてから観ていれば先入観により違和感を感じたろう。

    こういった(日本人にとって)チープな映画は好きだ、ガブリエルは中性的で傲慢で頑なで美しいしな。
    映像はよい出来だった、筋立ては分かりやすく、単純だ。
    癌に冒された男が、地獄へ行くのがいやで天国へ行く道を捜し悪魔胎児をしている。

    こういった作品を見るときに感じるのは、キリスト教圏の人間の、根本的なキリスト教への蒙昧と言えるほどの信頼だ。
    それは本人が意識するとしないとに関わらず、世界設定の根幹を為している。
    私たちはそれをフィクションとしてみるが、かれらは(例え自分が神を信じていないと言い放ちフィクションだと言ったとしても)彼らを産み育てたその宗教観から解き放たれることはない。
    勿論、日本人たる我々も同じことで、「日本人はあんまり神なんか信じていない」と公言するのも一種の宗教だし、私たちは私たちの生育環境からまったき自由を勝ち取ることは出来ない。例え受け入れるとしても、拒否するとしても、地盤は必要なのだ。
    それすらも否定しようとするなら、人間関係の輪からまったく離れる必要があるだろうが、それを行ってそもそも「人間」としての意味があるのかは疑わしい。

    ともあれ、コンスタンティンはフィクションだ。
    キリスト教徒に、地獄や天国についての共通認識がある上で、作り上げられた軽い冗談は、異国の私たちをも楽しませてくれる。
    ステレオタイプであることの重さというものを時折考えるとしても。


    +++++++++++
    (後日追記)
    2006/06/10(土) 12:52:24 狼
    タイトル 泣きたいほど
     酒に溺れる。

     そんな映画ではなかった。
     ありふれたオカルトまがいのアクション・ムービー、端役、堕ちた神父が酒をあおる本筋とは関係さえない一場面。
     映画は進み神父は死ぬ酒の壜をなぎ倒し悪魔に殺されるただの端役。
     映画は進む悪魔と人間が対決する神父は既に影も形もない、皮相的なハッピーエンド、飲んだくれはどこかで飲んだくれてそのまま路傍に沈む。

     動揺しているのはなんでか簡単な理由だ飲んだくれだからだ。

     震える手はいつか俺のもの俺は世界の端役そのうち路傍に沈む。


     俺は俺の末路を見てなぎ倒された酒瓶を見て黙って視線を落としてそれでも酒をあおる。
     琥珀色の液体を胃の府に落とし込む出来ればすきっ腹がいい何もかも忘れるほど効けるだろうかそんなはずはない何一つ忘れられたことなどない覚えているのがグラスの色だけだとしても。




     モノクロームの画面が壜を求めて床を這う男の手を映している。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

コンスタンティン [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする