Sensuous

  • 366人登録
  • 3.67評価
    • (63)
    • (48)
    • (143)
    • (1)
    • (1)
  • 29レビュー
アーティスト : Cornelius 
制作 : 小山田圭吾  Eirik Boe 
  • ワーナーミュージック・ジャパン (2006年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4943674066698

Sensuousの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • AppleMUSIC//Music/

  • 雑誌のおまけの8cmフルレンジスピーカーキットとパテと木の板とからなる自作植木鉢スピーカーとソニーのアンプ付きスーパーウーファーと雑誌の付録のorasonicのUSBパワーアンプと安物スピーカーケーブルともらったPCから構成される私のオーディオユニットは、コストパフォーマンスにおいては世界一だと信じているわけだけど、ソースとして一番優れているのはこのCD。最初の曲の弦を抑える音とベルの音とかの定位を聞いていると、とても幸せになる。

  •  買おうかどうか迷った挙げ句、結局買いました。

     しばらく見ないうちに、ますますセンスがよくなった気がします!!リズムだけを聞いていても全然飽きてこず、むしろ繊細で美しい曲が多くて、感性が磨かれる感じがしました。

     コーネリアスは何をやってもコーネリアスですね☆

  • Just.
    一回カウントダウンジャパンでライブを観たんだがそのときの演出がすごいかっこよかったのを覚えてる。

  • 拡散する音の粒のひとつひとつがくっきりしていて、集中して聴くと、まるで目に見えるよう。

    イントロにあたる「Sensuous」繊細な音色が音数は少ないのだけど、四方八方に拡散するので、聴き手の集中を促します。

    「Wataridori」のクリーントーンギターの美しい重なり。

    「Like A Rolling Stone」で、風に吹かれる小石(多分、めちゃくちゃ小粒)を追っていくと立ち現れる、アンビエント。

    子守唄のような「Sleep Warm」

    全体のバランス感も良いですね。
    「Gum」は悪ふざけみたいだけど(笑)

  • 久しぶりに聞き返した。
    東京国際フォーラムでのライブが思い出されます。

    一音一音。
    音 と音 の隙間 
    言葉 

    想像力が掻き立てられます。

    ダブ 禅 シンプル・・・

    スリーブも、歌詞カードもすべてシンプル


     

  • なんなんでしょう
    このオシャレ感!笑

    クオリティ高すぎます
    かっこいい

    Breezin'
    Music

    が好き

  • コーネリアスのApple StoreジャックLIVE。最高でした。

  • 2006年作。5年待っただけはあります。

    ミクロの世界で音は研磨され、音の気持ち良さはもはや1音単位。ポスト・ロック、エレクトロニカ以降の文脈で語るには足りない程だ。また、そんなストイックな一面とは別に、風鈴の音を感じさせるチャーミングな響きも持ち合わせてる。ともすればアーティすぎる音楽性にポピュラリティを与えているのはこの人懐っこさだ。

    嫌な天気が続くこの時期に心地よい一時をくれる一枚。

  • 渋谷系がいつのまにこんな新しい音楽を!

全29件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Sensuousを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

Sensuousを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

Sensuousを本棚に「いつか聴く」で登録しているひと

SensuousのMP3 ダウンロード

SensuousのCD

SensuousのCD

ツイートする