フーリガン [DVD]

  • 106人登録
  • 3.44評価
    • (7)
    • (21)
    • (27)
    • (4)
    • (2)
  • 16レビュー
監督 : レクシー・アレキサンダー 
出演 : イライジャ・ウッド  チャーリー・ハナム  クレア・フォーラニ  レオ・グレコリー  マーク・ウォーレン 
  • KADOKAWA メディアファクトリー (2006年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4935228062829

フーリガン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フーリガンって聞くと”暴力集団”というイメージがあると思いますがこの映画、その通りに”暴力”、”暴力”、また”暴力”が盛り沢山の素晴らしい映画です。ハーバード大に通っていたマットは友人の使用していた麻薬所持の濡れ衣を着せられ退学処分に。傷心の中、イギリスに住む姉を訪ねる。姉の旦那さんは元フーリガンでその弟・ピートは現役のフーリガン。マットはこのピートのせいで”善の道”に突き進む事に。。。生きる痛み、感動、絶望、そして愛。全てが詰まったこの映画を是非鑑賞あれ!

  • 「喧嘩上等」で人生を棒に振った兄弟の物語。“フットボール”を観るのも命懸けですな。フーリガンのイメージは何となく10代から20代のやんちゃ世代だと思っていたのですが、この作品に出てくるのは案外おっさんもいたりして、いい歳して何をしているのか、とあきれてしまう。よく言えば"地元愛"なんだろうけど、このあまりにも閉鎖的というか排他的雰囲気が観ていて息苦しい。「バンドオブブラザーズ」に出ていた二人がイギリス人だったのにもちょっと驚きました。

  • エリートが不良の仲間になったら、単純な世界が新鮮で、夢中になる、ってことあるよね。でも、エリートはエリートなんだな。
    イライジャウッドが思いのほかうまかった。

  • プロットも演技も好き。

  • もっとお馬鹿な作品かと思ってたが、大まじめな作品ですごく良い話だった。
    最後はハッピーかどうかは判断できんけどちょっとスッキリした。

  • 飲んで騒いで殴って悲しんで報復して死んじゃった。

    あーいたいた、同居人こんな感じだったわーみたいな。
    LOTRのイメージでイライジャをみてはいけない、うん。

  • 議員の息子にドラッグ売買の濡れ衣を着せられ、ハーバードを退学になったマットは、姉のいるイギリスに行き、フーリガン・ファームのリーダーで義弟のピートに出会い、非日常の暴力の興奮に魅せられていく。
    普段はそれぞれの定職があり、生活もある彼らがひとたびサッカーの試合となると、暴力的になりプライドをかけて闘う。男の世界の古臭い格好良さを感じると共に、ただの応援する人達だろあんたら、と思う面もある。もうサッカーは関係ないって事と、10代のギャング抗争めいたことを40代のおじさんもやってることがなんか異様に感じる。
    イギリス人がヤンキー(アメリカ人)を毛嫌いしているのも印象的。主人公にはあんまり共感できないけれど、ピートには惚れる。映画としてはすごく目の離せないいいストーリーだった。

  • ―中途半端じゃ 生きてる気がしない
     ピッチの外が俺達の青春(フィールド)

    ひさびさのBritish映画 やっぱりかっこいい
    音楽もいいし 暴力シーンは迫力あるし

    なんといってもCharlie Hunnamがかっこよすぎる

  • フーリガンという題材に惹かれて観ました

    単にフーリガンの世界を知れて面白かった

    あの姉は女の風上にも置けん・・!
    夫をあんな簡単に捨てるとは・・
    いい女ぶってんじゃねえよと言いたい

    それにしても男って不思議な生き物です
    あんなヘナチョコでも中心人物になれるのね

  • 大学でジャーナリズムを専攻するマットは、ルームメイトに麻薬売買の罪を着せられ、放校処分となってしまう。失意に沈む彼は姉の住むロンドンへと旅立ち、そこで姉の夫スティーヴとその弟・ピートと出会った。ピートはウェストハムの熱狂的なサポーターだ。彼に連れられての初のサッカー観戦で興奮したマットは、その直後、再び初めての興奮と快感を経験する。それはサポーター同士の喧嘩の中で得たものだった。

全16件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フーリガン [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フーリガン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

フーリガン [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする