シャレード (2002) [DVD]

  • 10人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : ジョナサン・デミ 
出演 : マーク・ウォールバーグ  タンディ・ニュートン  ティム・ロビンス  パク・チュンフン  クリスティーヌ・ボワッソン 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4582131182832

シャレード (2002) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「午後のロードショー」にて。オリジナルは観ていませんが、オードリー・ヘプバーンの役をサンディ・ニュートンにするとは随分思い切ったことをするなぁ。

    あまりにも怪しい行動をとるマーク・ウォルバーグ(途中までマット・デイモンだと思ってた。髪形のせいか?)、こいつが犯人かと思いきや・・・。善玉が悪玉になり、悪玉が善玉になりと、構図の反転はなかなか気が利いてます。ティム・ロビンスもちょい役かと思いきや、重要な役で。

    楽しめましたね。

  • 話が複雑すぎて理解に苦しむ。必要のないカットも多い気がする。
    マーク・ウォールバーグが出ているので手に取ったが残念な結果。

  • フランス、パリなどを舞台とした作品です。

  • オードリー・ヘップバーンの代表作のひとつ。

    スキーの旅行先で、富豪の夫であるチャールズと離婚を決意するレジーナ・ランバート。
    旅行から帰り、パリの自宅にもどると、部屋にあった家具もなにもかもがなくなっていた。
    そして夫の姿もみえない。
    そこへ、司法警察と名乗るグラン・ピエール警部が現れ、夫であるチャールズが死んだと知らされる。

    このお話はもっぱらのサスペンスです。
    チャールズが突然、不可解な死に方をしたことにより、この物語は本幕を開けます。
    知るはずもなかった夫の正体。
    次々とレジーナの命を狙う者が現れる。
    最後の最後まで、何が本当で嘘かわからない、サスペンスゲーム。
    お金って怖いですね。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

シャレード (2002) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

シャレード (2002) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする