ブレイブ ストーリー [DVD]

  • 649人登録
  • 3.23評価
    • (51)
    • (82)
    • (221)
    • (42)
    • (22)
  • 132レビュー
監督 : 千明孝一 
出演 : 松たか子  大泉洋  常盤貴子  ウエンツ瑛士  今井美樹 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2006年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135578648

ブレイブ ストーリー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 場面場面は綺麗だが、昔のアドベンチャーゲームを思い出させる、場面転換の多さと詰め込んだストーリー。
    映画にするのは無理があったようにも感じるが、原作を読んでみようかと思わせればそれで価値はあるか。

  • 長編をよく2時間でまとめたなぁ、という印象。
    登場人物が、大体想像していた感じだったので、結構しっくりきました(お父さんは、私のイメージとはちょっと違いましたが・・・)。

  • 驚きの駄作で本気でびっくりした。

    宮部みゆきが冒険物書いてみたくなったんだな~
    ってことと
    大御所の原作だと
    すごい俳優を声優に使えるんだな~
    っていう感想しかない。

    まあ、原作は面白いのかもしれない。

  • 正統派のファンタジーで、話の構成もわかりやすい。ところどころ、現実的な痛みが混じるのもいいと思う。

  • ミツルいいキャラですね!奴のセリフがおかしすぎました。「星と月の間」って!
    個人的に、「なんだ、エアラダーも使えないのか」というセリフの言い方が好き。

  • これは本を読んでる人でもどうかなと思う。駆け足所じゃなくて新幹線急で話に見ている人がついていけないと思います。早すぎてキャラに全く感情移入ができない状態で説明もないから何が何やら。。本は良かったがDVDはちょっと。。。

  • 原作の重たいところをさらりと流して、優しい作品に仕上がっていました。絵も綺麗で何度でも見返したい作品です。
    映画を観て原作も読む子どもが増えて、原作が訴えたかった重たいところを考える機会になるといいなと思います。
    映画のラストのことはどう考えていいか難しいです。

  • 宮部みゆきのベストセラー小説をアニメ映画化した冒険ファンタジー。不幸のどん底に突き落とされた少年ワタルが、運命を変えるために飛び込んだ異世界での冒険を描く。TVシリーズ『青の6号』などで知られる日本最先端の映像制作スタジオ、GONZOが映像を手掛ける。主人公・ワタルの声を務めるのは女優・松たか子。そのほか、大泉洋、常盤貴子といった豪華な顔ぶれが声優として参加している。広大なファンタジーの世界と、ストーリーに内包される普遍的なメッセージが心を引く。

    どこにでもいる平凡な小学5年生のワタルは、父親の家出と母親の自殺未遂を機に不幸のどん底に突き落とされてしまう。あまりにもつらい自分の運命を変えたい気持ちに駆られたワタルは、転校生のミツルに教えてもらった“運命を変える扉”を開け、ありとあらゆる冒険が待つ幻界へ飛び込むが……。

  • どうにも原作の駆け足感が拭えなかった.

  • 原作読んでたらもっと楽しめたのかなぁ。

全132件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ブレイブ ストーリー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ブレイブ ストーリー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ブレイブ ストーリー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする