A Tide of New Era

  • 28人登録
  • 3.95評価
    • (9)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
アーティスト : Tourbillon 
  • エイベックス・トラックス (2006年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988064230808

A Tide of New Eraの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:


  • 中古で買いました。

  • 元LUNA SEAのRyuichi, INORAN, HYAMAの3人によるユニット・Tourbillion。
    彼らの2ndアルバム。

    まさか、このユニットに2枚目があるとは思わなかった。
    一時的なプロジェクトのなのかなと思ったいたが、
    RYUICHIはLUNA SEA時代のように、
    本名でソロアーティストとして活動する
    「河村隆一」と「Tourbillion」のボーカル「RYUICHI」の
    2つの活動が軌道に乗りつつある。

    今作は、前作に無かったような疾走感あふれるスピードナンバーもあるけれど
    ミディアムテンポで重低音なロックも健在。
    この当りの楽曲は、LUNA SEA後期の名曲「Gravity」に通じる感じがする。
    このユニットを結成するに当って、Ryuichiが「大人のロックを聞かせたい」
    と語っていたけれど、こんなロックをLUNA SEAでやりたかったのかなって
    ふと思った。楽曲はすごくかっこいいけれど、
    LUNA SEAのファンなら、重〜いベースはやっぱりJかなって思ってしまうのでは。

    Ryuichiもユニットではロックな歌い方でかっこいい。
    甘い歌い方、声が割れるところとか、ちょっと嫌がる人もいるらしいけど、
    やっぱり彼のボーカル好きだなって思った。
    オトコが惚れるボーカルみたいな感じかな。

    ちょっと脱線するけれど、
    LUNA SEA時代のライブで自分のライブ履歴ベスト3に入る
    「Capacity ∞」と称した10万ライブでのラストナンバーが
    「I for You」だったんだけど、あのときのRyuichiの歌いっぷりすごかった。
    瞳を閉じて、無の境地にいるような感じで・・・
    聴いている自分は自然に涙が出てきて・・・
    歌ってこんなにもココロに来るんだって思った。
    そんな風に歌えたら素晴らしいよね。

    Favorite Song:「Don’t Hold Your Feeling」
    重低音でプログレッシブなサウンドは、まさに、Tourbillionの十八番。
    とてもきれいなメロディーラインでRyuichiの伸びやかなボーカルが際立つ。

    1. アゲハ
    2. Saturation
    3. Innocence
    4. selfish
    5. Don’t Hold Your Feeling
    6. Nameless Greenness
    7. Lost World
    8. I’m just a Mermaid
    9. Lily
    10. 瞬くように
    11. Karna
    12. Breezy Night Journey
    13. 雨のリボン

  • 一曲ごとにストーリー、世界観があります。RYUICHIのヴォーカルのすごさに圧巻。
    初回にしか入っていない「眠りの森の君」は必聴。これほどの歌はそうそうありません。

  • 「アゲハ」「selfish」等収録の2ndアルバム。

全5件中 1 - 5件を表示

A Tide of New Eraはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする