007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション [DVD]

  • 61人登録
  • 3.86評価
    • (6)
    • (12)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : テレンス・ヤング 
出演 : ショーン・コネリー  ロバート・ショー  ダニエラ・ビアンキ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142420527

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冥土の土産シリーズで2回目の鑑賞。0072作目。その後「ロシアより愛をこめて」とタイトルされるほど主題歌がヒットしている。心に刻むように聞いていた。
    数十年後に見てはっきり記憶しているのはローザ・クレッブ(スペクターNo.3)@ロッテ・レーニャのつま先のナイフとレッド・グラント@ ロバート・ショウの列車内での戦い、海上での油の爆破くらい。改めて見ても印象深いシーンだ。
    今にして見ると爆破シーンや不自然なスクリーンプロセスなどアクションは稚拙だし、ダンサーの色っぽい踊りのシーンが必要以上に長かったり、手の負傷が次の日には治っていたり、ホテルの部屋でのチェックシーンに延々とテーマ曲が流れたりおかしなシーンも多いが、かえってそのたどたどしさがスタッフの苦労が忍ばれて楽しく見る。
    小道具(アタッシュケース)が重要な役割を持つ、ヘリとの追跡などその後007、ひいてはアクション映画に影響したことは大きいのだろうと思う。

  • 第二弾にして、早くもショーン・コネリーの虜へ…

    序盤の前置きには少々置いて行かれつつも、テンポ感の良さは前作にも増し、ラストは気持ちの良い展開

  • 007シリーズでこれが一番好きな作品かも。
    まず、ボンドガールのダニエラ・ビアンキがとても綺麗。私が生まれる20年前くらいに作られた古い作品だから衣装とか髪型もかなり古くさいのに、その美しさは他のボンドガールたちよりも際立っています。時代を感じさせない美人さん。
    そして内容も、スパイ映画ならではって感じで楽しめる要素がたくさんあっていいです。この頃になるとスパイ道具も面白いのが沢山出てきて、話の展開もちょうど良く、全然飽きません。昔も今も変わらない面白さって、こういう事を言うんだと思いました。最近の007シリーズはハリウッド映画的な方向に偏ってきているけど、この作品はイギリスのスパイ映画らしさが随所ににじみ出ていて本当に貴重な一作です。

  • イスタンブールの情景に注目。

  • フロームロシア ウイズ ラブで一世を風靡、ボンドの魅力いっぱい!!!

  • 2

  • 最新技術によって甦った007映画第二作目。
    デジタルレストアされた映像と音響には目を見張るばかりです。
    コネリー・ボンドのカッコ良さは時代を超えて健在。

  • レンタル店のPOPに最高の面白さ!と銘打ってあったが、007の中では確かになかなかかもしれない。

  • 冷戦時代の背景が脚本に反映されている。ショーン・コネリー演じるエロボンドが渋い。
    1963年公開。シリーズ第2作目。

全9件中 1 - 9件を表示

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション [DVD]に関連する談話室の質問

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする