007 ユア・アイズ・オンリー アルティメット・エディション [DVD]

  • 29人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (2)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ジョン・グレン 
出演 : ロジャー・ムーア  トポル  キャロル・ブーケ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142422323

007 ユア・アイズ・オンリー アルティメット・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作『ムーンレイカー』のレビューで書きましたが、007シリーズってバカとマジメのバランスの綱引きで成り立ってる。『ムーンレイカー』がバカ映画だったからか、今作『ユアアイズオンリー』はマジメの方に針が振れた作品。ジョングレンが初監督したせいもあると思う。

    今作は007ファンにはわりと評価高かったりするんですが、僕はあんまり好きじゃなかったです。
    というのは、バカ映画だと矛盾とかツッコミどころってあまり気にならないけど、マジメにやってしまうとめちゃくちゃ気になるからですね。リアリティのレベルが上がってしまう。

    ツッコミどころは「そいつの言うことそんなに簡単に聞いていいの?」とか、あとは敵がちゃんと殺そうとしてないのがダメですね。サスペンス映画の基本だけど、主人公を殺してしまったら話が終わるので、殺さないような状態でサスペンドする。そこが不自然だったらつまらない。モンスターパニック映画とかも一緒。
    ボンドを殺すチャンスとかいっぱいあるのに全然殺さないの。銃で撃ったら済むし、ザイルを切れば済むことなのに。

    今作は体を使ったアクションがメインで、ボンドカー他ガジェットがほとんどない。だから個人的趣味としてつまらないのも半分ありますが、ガジェットなくてもちゃんとリアルにしとけば映画として面白いのに。

    あと音楽は、なぜかジョンバリーじゃなくてビルコンティがやってる。ビルコンティも嫌いじゃないけど(『ロッキー』は別格だけど、カサヴェテスの『グロリア』とかカッコよかった)、やっぱりなんか違うなーと思う。M役の人が亡くなった直後だからMも出ない泣。

    そんなわけで全体的には不満が残るけど、冒頭のヘリアクション、実写版カリ城みたいな2CVのカーチェイス、深海作業用のJIMスーツ(大好き!)などなど、ディテールの面だけはめちゃくちゃ好きでした。だから余計に惜しい。

    冒頭、墓のシーン〜ブロフェルド(の影武者でもそっくりさんでも何でもいいんだけど)のシーンは『女王陛下の007』の続編ですよって感じ。
    『女王陛下の007』はどちらかと言えばリアル寄りの作品で人気もあるんだけど、そのシーンを入れるってことは要するに「今回はリアル路線ですよ」ってことなのと、ブロフェルド=スペクター=悪の秘密結社ものからの決別を感じました。

    しかしこの映画で最高に盛り上がったのは、ブロフェルドの猫ちゃんのどアップかもしれません。かわいすぎて悶絶する。
    (昨年、飼ってた猫が死んだので泣、テレビとかで猫見るとギャー!かわいいー!ってなる)

  • 007シリーズ 12作目 ロジャームーア 54歳。アクションシーンが多いです。冬期オリンピックに何か絡んでいるのかなという気がしました。頑張ってます。若々しい。

    年数的にはかなり昔のような気もします。CGが無い時代。アナログ感を感じずにはいられません。でも、古さも感じません。この年は『レイダース 失われたアーク』 (興行成績1位) 公開されました。ユア・アイズ・オンリー(2位)。

    オープニングで長年の宿敵のスペクターのボスが登場するが、あっさりとやられてしまう。これは諸々の大人の事情的な事があって次回からは登場しなくなる。

    ストーリー的な事よりもアクション重視なのか、小難しい事は考えずに楽しめる007映画です。

  • この映画最高!極端なガジェットが出てこないほうが作品にリアリティを感じるし、アクションも娯楽的に演出されていて盛り上がる。やたらに女を抱かないボンドも良かった。キャロル・ブーケのボンドガールにもきちんとしたドラマがあるところも好き。

  • パッケージにもある通り肉体派。スキーとカーチェイスはやっぱりな、って印象。ここまで短期間で見まくると話の構成も大体掴める。
    イントロ(市街地とかでのアクション)⇒タイトル⇒名乗る(Bond, James Bond)⇒Mに呼び出されて作戦開始⇒なんか色々⇒ボンドガールといちゃいちゃしてて呼び出され終了
    テーマ曲と海の映像がよく合う。ボンドガールはもうちょっとかなぁ。

  • 3月1日鑑賞。ロジャー・ムーアのボンドが陸海空、雪山から海中、断崖絶壁などを駆け巡るアクション映画。雪中のチェイスシーンなど冷静に考えるとすごいことをやっているのだが、何をやっていても独特のアホらしさが漂うのが彼の個性か。出てきてすぐ(ネームクレジットが出てから3分ももたなかったか・・・)死んでしまう、伯爵夫人が哀れ。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

007 ユア・アイズ・オンリー アルティメット・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする