慕情 [DVD]

  • 32人登録
  • 3.19評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
  • 7レビュー
監督 : ヘンリー・キング 
出演 : ウィリアム・ホールデン  ジェニファー・ジョーンズ 
制作 : ハン・スーイン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006年11月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142436825

慕情 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 午前十時の映画祭。

    ひさしぶりにザ・ラブストーリーな映画を観た。

    メインテーマの冒頭が完全に蝶々夫人の『ある晴れた日に』じゃん!とおもってたら、Wikipediaによるとやはり「参考にして作曲」したらしい。

    確かにストーリーがすこし似てるのだけどもし比べるとしたら、ストーリーの残酷さは蝶々夫人のほうが数段上。

    途中まで不倫男に腹立てながら観てた。ラストはかわいそうだけど。
    スーイン役の女優さんは完全に欧米の顔だったのでハーフの葛藤には少し共感しづらかった。
    でもハーフであることと中国人としての誇りを表現するためにほぼずっとチャイナ服だったのかな。衣装は可愛かった。

    中国人難民の子のラストの泣きの演技が巧くておどろいた。

    なんにしても戦争はやーね。
    といういつもと同じ結論。

  • 主役のイギリス人と中国人のハーフの未亡人女医に好感が持てるだけに、恋した新聞記者が朝鮮戦争の現場取材で亡くなるのがかわいそすぎる・・・・。

    新聞記者が既婚(奥さんが離婚してくれない)だったので、結婚もできなかったし。

    二人の恋愛だけでなく、迫りくる戦争の影・共産主義・ハーフに対する差別・中国から香港への難民流入など社会問題も取り入れている。

    【以下引用】
    もう二度と恋も結婚もしないと決意して、医療という仕事一筋に打ち込んでいる生真面目な女医さんも、あっという間に少女のような恋心に目覚めていくではありませんか。
    過去を忘れ、湧き出ずる愛に素直に生きていこうと決心、喜びの高みに持ち上げられたところで彼氏が朝鮮戦争の現場取材とは…。そんな馬鹿なあ!。

    ホールデンの背広の似合い方と着こなし(生地もすごく良さそう)、誠実さとやさしさ、甘いマスクと甘い声、素晴らしい肉体美とプロポーション…、素敵だなあ。男の私まで駄目になりそう。でもこの人、さきほどの3人の男優さんのように決定的作品には恵まれなかった感じがするのは私だけかなあ…?、そこそこいい作品にはいっぱい出てるから、まあいいのかなあ…?。
    永遠の憧れ、永遠のスターであることには変わりなし。

  • オーソドックスな溺れているロマンスで、こんなにうまくいきすぎるとこの後は悲劇しかないだろうと思いながら観ていたら案の定の結末だった。水の中で溺れているような恋愛は見ていて痛々しくなる。ふたりにはふたりの世界しかないんだろうけれど、少しも自らを客観視できないというのは往々にして破滅に繋がるものだ。結局は二人一緒であるならば、破滅したっていいんだろうけれど。ひたすら甘ったるかった。

    (20130605)

  • 1949年。香港。
    英国人と中国人のハーフの未亡人と、ある記者の恋を描く。

    中盤から展開が読めてしまいそうになるけど、香港を見渡せる丘のシーンが印象的。

    当時ははやったんだろな、という映画。

  • 1955年の名作ハリウッド映画。メロドラマを観るためにレンタルした。

    音楽がとても良かった!いくつか賞を取っているらしく、名作と呼ばれるに見合う音楽だったと思う。そして香港の風景にマッチしており、景観と共に楽しめた。

    ストーリーに関しては王道、もしくは普通。ベタな悲恋映画なだけに、個人的にそこまで惹かれるところはなかった。前半と後半で、恋愛と仕事のバランスがお互い逆転したように感じるのだけど、恋に走り仕事を捨てるスーインに全く感情移入できなくなった。マークは序盤がそうなのでほぼずっと印象悪し。時代なのか、国民性なのか、物語だからなのか、わからないが、登場人物の思想についていけなくなったら終わりだなと感じた作品。

  • 中国、イタリア、ベネチア、香港などを舞台とした作品です。

  • 香港に旅行に行くと決まった時に、父から
    この映画の存在を教えてもらい、行く前の予習に是非と出発前日に観ました

    で日本に帰ってきてからレビューを書いてます

    正直この映画に出てくる香港と、今の香港とは別世界です
    劇中に出てくるビクトリアハーバー近辺に高い建物なんてほとんどないのに
    今の香港といったらまるで空中都市でした

    こんなところで半世紀という時間を感じることができるとは思わなかった

    香港の街並みを見て、たしかにものすごいと、めちゃキレイと感じたのですが
    同時に昔の街並みの跡形のなさ(高いビルに埋もれて見えないだけなのかもしれないけど)に
    なんか寂しさも感じてしまいました

    レパルスベイも行ったんだけど、どこからどこへ
    スーインとマークが泳いでったんだかわからなかった。。。残念

    あと二人が愛を語らう丘も実在するものじゃないみたいですね。。。残念

    ここからようやくストーリーに関してですが
    とてもよかったです!
    50年以上前の映画ですもんね。。。
    今数ある恋愛物語の原型の一つだと言えるんじゃないかな
    そう考えるとほんとにすごいと思います




全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする