デッドアイ・ディック (1984年) (Hayakawa novels)

  • 11人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 浅倉 久志 
  • 早川書房 (1984年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)

デッドアイ・ディック (1984年) (Hayakawa novels)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偶然殺人犯となった元大金持ちの息子の回想録。よい時期と、悪い時期を乗り越えて、現代へとやってきた語り手は、魔術師によって呼び出された霊を残して消える。
    前半の、幼少期の思い出、あるいは失われつつあった貴族世界の「よき時代」と、現代における猥雑な話題との交差は、ナボコフを思い出す。だが、ヴォネガットはナボコフほどは残酷ではない。
    螺旋をのぼるように、同じところを何度もめぐりながら、少しずつ真実が明らかになっていく描写は、ヴォネガットらしい。彼のシニカルな視線はまだそれほど強くないし、登場人物たちの悲哀も、”人生”という流れの中では川に落ちるしずくのようにしか描かれない。
    ストーリーというよりも、人生そのもののなだらかさ、山や谷があるようでいて、終わってみたらなんだかよくわからないものだった、という真実を、多少の事件を交えながらつづっている。
    様々な場面が一つの小さな町に収束していくという点では、ポール・トーマス・アンダーソンの『マグノリア』を思い出す。
    小さな世界の、複雑な入り組み、あるいは、思い込み。

全1件中 1 - 1件を表示

カート・ヴォネガットの作品

デッドアイ・ディック (1984年) (Hayakawa novels)はこんな本です

デッドアイ・ディック (1984年) (Hayakawa novels)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする