あやしい探検隊北へ (1984年)

  • 17人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 椎名誠
  • 情報センター出版局 (1984年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)

あやしい探検隊北へ (1984年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お気に入りの一冊だったのにいつからか本棚に見当たらず、そのうち買い直そうと思っていたこの本、先日行った納涼下鴨古本まつりで発見し、ほくほくと購入して再読。(しかし毎年のことながら、あれって全然「納涼」じゃないよね。蒸し暑さと土埃と本好きの熱気で倒れそうだった)

    うーん、いつ読んでもやっぱり無条件におもしろい! シーナ本のマイベスト3は、初期の「あやしい探検隊」シリーズと、「哀愁の街に霧が降るのだ」「岳物語」で不動なのだ。やってることは結構荒っぽいのに、粗野な感じ、品のない感じの全くないところが不思議で、好きなんだなあ。

    探検隊の面々はみな、それぞれに魅力的なのだけど、ひときわ印象的なのがフジケンだ。これには賛同する人も多いんじゃないかな。「あやしい探検隊」にもこの本にもたくさん登場するわけではないけれど、ほんのちょっとしたエピソードまでが忘れがたく心に残る。あっさりとした退場ぶりも実に好ましい。今やいいオジサンだろう。元気かな?

全1件中 1 - 1件を表示

椎名誠の作品

ツイートする