電通 (1984年)

  • 49人登録
  • 3.32評価
    • (3)
    • (1)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 田原総一朗
  • 朝日新聞社 (1984年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)

電通 (1984年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 電通の成り立ちが分かりました。別の角度からも知りたいので、別の作者の作品も読んでみたいです。

  • コネ入社が多い電通に何か不満を感じているんだろうか?

  • ひとまわり以上前の時代だが、色あせていない迫力、というか当時の方が迫力ありそうと思わせる内容。
    日本の広告業の歴史を、係ってきた人 バイネームで語られている。
    広告を広告主に売り、その金を新聞社に流し込み、新聞社から記事を買ってもらい、通信社の売上げを上げるというスキームには、なるほどと言わざるをえない。

    多少デフォルメされている感はあるが、まー、読んでて面白かった。

  • 電通ってこうやって出来たのか。

  • ニコ生から

  • 090509(m 090814)

全6件中 1 - 6件を表示

田原総一朗の作品

電通 (1984年)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

電通 (1984年)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする