装いせよ、わが魂よ (1982年)

  • 14人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高橋たか子
  • 新潮社 (1982年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)

装いせよ、わが魂よ (1982年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本人がパリを描くと変な感傷や幻想が入るが、この小説に描かれているパリは等身大。まず主人公の女がアパルトマンを探すところから始まるのがそれらしい。それから教会の地下に導かれたり、フランス人カップルの三角関係に巻き込まれたり、雪山の修道院に引きこもったりと、偶然につぐ偶然で展開がめまぐるしい。出来事ひとつひとつは何てことないのだが、舞台背景と会話の緊張感で読ませる。著者の西洋観も興味深いし、フランスという国を追体験するにはいい小説。

全1件中 1 - 1件を表示

高橋たか子の作品

装いせよ、わが魂よ (1982年)はこんな本です

装いせよ、わが魂よ (1982年)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

装いせよ、わが魂よ (1982年)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする