ぼくが狼だった頃―さかさま童話史 (1982年) (文春文庫)

  • 16人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 寺山修司
  • 文藝春秋 (1982年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)

ぼくが狼だった頃―さかさま童話史 (1982年) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グリム童話では狼はいつも悪役。人々は現実の自分から抜け出して、他の人間になりたがっている。
    事実の最大の敵は真実であるという社会に我々は生きている。
    どうせ、生きることはゲームであり、事実を事実としてだけ受け入れても、あっという間にときは流れていく。

  • 081021

  • 言われてみればそんなような気がしないでもないような。
    童話って実はいろんな意味が隠されてるのかも?!

全3件中 1 - 3件を表示

寺山修司の作品

ぼくが狼だった頃―さかさま童話史 (1982年) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ぼくが狼だった頃―さかさま童話史 (1982年) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくが狼だった頃―さかさま童話史 (1982年) (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする