ジュリアとバズーカ (1981年) (サンリオSF文庫)

  • 18人登録
  • 4.29評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 千葉 薫 
  • サンリオ (1981年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)

ジュリアとバズーカ (1981年) (サンリオSF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アンナ・カヴァンの『アサイラム・ピース』から『氷』、『ジュリアとバズーカ』の順番で読み進めたら、謎だったことが色々とかみ合ってきて頭の中が「うわあぁぁ」となった。
    それが何かを上手く言葉で説明するだけのスキルが私には無い...。
    ただ小説を読んでていて良かったと思える瞬間を味わえた。

    最後の表題作も衝撃だが、その前の「縞馬」から「タウン・ガーデン」、「取り憑かれて」にかけて描かれている”愛”が心に「ズドーン」と突き刺さり圧巻!

  • アンナ・カヴァンの短篇集としては、これが一番おもしろい。翻訳も悪くない。
    どこかで再刊して欲しい。

  • 話自体けっこう面白いけど、ほんとこの人ってばアスピリンかビタミン剤みたいに書くんだよ、ヘロインのこと。つらい。

全3件中 1 - 3件を表示

アンナ・カヴァンの作品

ジュリアとバズーカ (1981年) (サンリオSF文庫)はこんな本です

ジュリアとバズーカ (1981年) (サンリオSF文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジュリアとバズーカ (1981年) (サンリオSF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする