虹の階梯―チベット密教の瞑想修行 (1981年)

  • 12人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 中沢新一
  • 平河出版社 (1981年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)

虹の階梯―チベット密教の瞑想修行 (1981年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オウム事件から、ずーっと後になって、この本が事件に大きな影響を与えたことを知り、図書館で借りて読んだ。
    密教には危険な部分がある。
    そもそも、密教の経は、殆どが偽経だ。
    まず、偽経であることを認識しておくべき。

    この本でも、マインドコントロールに関する部分があったように記憶してる。
    師に対して弟子が絶対服従という関係は間違ってる。これは、どのカルトにも当てはまる。
    歴史上の人物としてのゴータマ・ブッダとの関係では、弟子になるのも自由だし、止めるのも自由。
    パーリの聖典には何度も出家を止めた人のエピソードが出てくる。出家なんか、しても良いし、止めたって良いし、どっちでも良いことだ。それよりも、自由じゃないといけない。
    自由であることに、仏法という生き方の本質がある。

  • 僕より前にうまれているのかー。

全3件中 1 - 3件を表示

中沢新一の作品

虹の階梯―チベット密教の瞑想修行 (1981年)はこんな本です

虹の階梯―チベット密教の瞑想修行 (1981年)を本棚に登録しているひと

虹の階梯―チベット密教の瞑想修行 (1981年)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

虹の階梯―チベット密教の瞑想修行 (1981年)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虹の階梯―チベット密教の瞑想修行 (1981年)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする