海の都の物語〈続〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (1981年)

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 塩野七生
  • 中央公論社 (1981年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152032928

海の都の物語〈続〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (1981年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トルコとの地中海覇権争い、大航海時代を迎えたポルトガルとの胡椒争い、キリスト教連合によるトルコへの反撃、ナポレオン侵攻による共和制崩壊(フランス、オーストリアに分割)まで。
    海洋貿易から農業経営中心への変質による本土土地への拘りにより都市国家として限界にきていた。 前作で絶賛だった共和制がナポレオンへの対応で機能しなかった様が淡々と描かれている。
    聖地巡礼ビジネスが詳しい。

  • 中世共和国ヴェネツィアの終焉。

    16世紀~18世紀

    ボナパルトさんにやられちゃったのね。

  • 中央公論新社、昭和56年11月30日、初版発行、定価2200円

全3件中 1 - 3件を表示

塩野七生の作品

海の都の物語〈続〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (1981年)はこんな本です

海の都の物語〈続〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (1981年)を本棚に登録しているひと

海の都の物語〈続〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (1981年)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海の都の物語〈続〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (1981年)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海の都の物語〈続〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (1981年)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする