山茶花は見た―御宿かわせみ4 (1980年) (文春文庫)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 平岩弓枝
  • 文藝春秋 (1980年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)

山茶花は見た―御宿かわせみ4 (1980年) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【8作収録】
    ・廻船問屋に盗賊が入り、乳母の娘が目撃者。逃げた盗賊の復讐に脅える娘をかわせみで預かるが・・・
    ・女スリ被害が続く中、豪商の娘に一目惚れされ、毎日追い掛け回される源三郎。そんな中、源三郎が昔から世話になっている札差が殺された
    ・芸者が見世物として川へ飛び込む姿を、船の上から見物していた客の1人が殺された。犯人の正体と動機は?!
    ・東吾が目撃した殺人未遂。襲われた女の父親は3日前に殺され、女を襲って逃げた犯人は翌日遺体で発見された
    ・るいの贔屓にしている呉服屋の主人が姿を消した。信心深い富士詣か、それとも・・・
    ・かわせみに出入りしている棒手振りが女郎に入れあげ、ついには自分の娘を売り飛ばして女郎を身請けする
    ・陣痛が始まり、駆け込んだかわせみで出産を終えた女。見た目にも釣り合わない同行の男との関係は?
    ・男女の逢引中に殺される事件が続くが、3つ目の事件のみ他の2つと手口が異なる。遺体を発見した麦湯売りの娘が鍵を握る

全1件中 1 - 1件を表示

平岩弓枝の作品

山茶花は見た―御宿かわせみ4 (1980年) (文春文庫)はこんな本です

山茶花は見た―御宿かわせみ4 (1980年) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

山茶花は見た―御宿かわせみ4 (1980年) (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする