ボビーに首ったけ (1980年) (角川文庫)

  • 53人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (3)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 片岡義男
  • 角川書店 (1980年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)

ボビーに首ったけ (1980年) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バイクは自由の象徴みたいに扱われることがあるけど、果たしてどうだろう。得るものもあるが、命と引き換えになることもある。ボビーもヒロシも、三郎も呆気なく死んでしまう。転べばただでは済まないことはわかっているのに乗りたくなるのは何故なんだろう。人の死がただの事象として淡々と描かれて、感傷的にならずその訳も追わない。「死んでしまった」という事実があるだけだ。読んだ後に、それでオイラどうしたらいいのよ?ってされるのが三十年以上ぶりの再読でもちょっといい感じだった。

    本の中に名前の知らない女性からの手紙が挟んであった。昔からオイラはロマンチストだったんだと呆れ、恥かしくなった。また、挟んで本棚にしまうことにする。

  • 私がボビーと呼んでもらっているのもこの小説の影響が大きい。衝撃的な結末後をいろいろ想像してしまう。

  • 私がバイクに乗るようになったきっかけになった小説集です。特に、”朝になったらタッチミー”がおすすめです。

  • 懐かしいぃぃいいい。

    今から20年ほど前 18歳ぐらいによく読んでいました。

    景色が想像できて目に浮かんでくるんです。

    ものすごく『サラッ』とした感じで読めます。

全5件中 1 - 5件を表示

片岡義男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ボビーに首ったけ (1980年) (角川文庫)はこんな本です

ボビーに首ったけ (1980年) (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボビーに首ったけ (1980年) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする