軽い機敏な仔猫何匹いるか―土屋耕一回文集 (1980年)

  • 10人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 土屋耕一
  • 誠文堂新光社 (1980年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本

軽い機敏な仔猫何匹いるか―土屋耕一回文集 (1980年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古書店を営む友達が勧めてくれた本。コピーライターの著書が生み出す回文の作品集。絶版だったが図書館にあったので借りてみた。本物の(!)活字で印刷されていて、体裁もおしゃれ。
    「参観日早起き親は敏感さ」(さんかんびはやおきおやはびんかんさ)
    と、ほのぼのしたものから、
    「誤診千回いかんせん死後」(ごしんせんかいいかんせんしご)などブラックなものも。ここには書けませんがちょっとエッチなものも。
    タイトルの「かるいきびんなこねこなんびきいるか」も、もちろん回文。初版は1972年。時間の流れを取り戻せるような感覚になれる一冊。

  • (かるいきげんなこねこなんびきいるか)上から読んでも下から読んでも同じ。中のデザインも好きです。(表示されなくて残念!)

全2件中 1 - 2件を表示

土屋耕一の作品

軽い機敏な仔猫何匹いるか―土屋耕一回文集 (1980年)はこんな本です

軽い機敏な仔猫何匹いるか―土屋耕一回文集 (1980年)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

軽い機敏な仔猫何匹いるか―土屋耕一回文集 (1980年)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする