味噌汁は朝のブルース (1980年) (角川文庫)

  • 11人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 片岡義男
  • 角川書店 (1980年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)

味噌汁は朝のブルース (1980年) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013/04/28読了

    一昔前の純朴な男女の表現って、世代が変わると新鮮に感じる。

    『ミッドナイト・ママ』
    国道17号線を走る500ccのオートバイ。まだ少年だというのに、やけに大人っぽい主人公。
    美津子のノリはきっと今にないものだろうし、一夜と少しの時間で幕引きっていうドライな感じはどことなく切なげ。

    『1953年、土曜日、午後』
    久しぶりに会って
    少し話しをして
    すぐにまた、お別れ。
    この空気感、好き。

    『花が濡れてます』
    港の側でのやりとりは好きだったけど、マリッジブルー
    ちょっとこの女性の動向の意味がわからなかった。
    作家の動かし方のミスな気がする。

    『人魚はクールにグッドバイ』
    このノリは70年代 80年代?勢い任せの若者らの話。
    ニックネームのセンスとかがモロに時代を感じるね。
    事後、あれこれあれど今みたくそこまで尾を引かないのが年代の男性像というものなのでしょうか。

    『味噌汁は朝のブルース』
    詩のような、文章ではなく、言葉としてひとつひとつをつかみとっていくような、そういう読み方が似合う短編。

  • 85039

    26 物語を読むのではなく、絵を見るつもりで読むと片岡作品の魅力は判る。

全4件中 1 - 4件を表示

片岡義男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

味噌汁は朝のブルース (1980年) (角川文庫)はこんな本です

ツイートする