ナボコフの一ダース (1979年) (サンリオSF文庫)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 中西 秀男 
  • サンリオ (1979年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)

ナボコフの一ダース (1979年) (サンリオSF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナボコフがロシアから亡命して、ベルリン、マリエンバード、パリ、ボストンで書かれた小説群は、どこかとらえどころがない。
    気取ったカフカ? あと、鉄道に関する細かい描写や、幻のような女性が、どことなく足穂くさい。
    「ロリータ」で感じたアメリカ文学にない違和感っていうのが、はっきりとする。

    気に入ったのは、
    鉄道模型の細かい描写からはじまり、タガを転がす少女で終わる「初恋」、
    妻を寝取られたのか? 妻を殺したのか? 妻はいたのか? あいまいになる「いつかアレッポで・・・」
    当たった懸賞旅行の先で他の参加者からぼこぼこにされられるなんとも薄気味悪い「城、雲、湖」

    裏表紙の本書の紹介に「“文体の魔術師”ナボコフが、SF、ポルノ小説、童話、探偵小説などの体裁をとりながら、彼独自の世界を見事に結実させた短編集」とあるが、ポルノ小説ってどれ??

    1ダースなのに13編の短編が入っているのは、「パン屋の1ダース=13個」から。

    ナボコフってチェーホフとピンチョンを結ぶ線のどこかに位置する作家だ(大雑把!)。

全1件中 1 - 1件を表示

ウラジミール・ナボコフの作品

ナボコフの一ダース (1979年) (サンリオSF文庫)はこんな本です

ツイートする