愚者の夜 (1979年)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 青野聡
  • 文藝春秋 (1979年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)

愚者の夜 (1979年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1979年上半期芥川賞受賞作。東京の現在と過去のパリとが交錯しつつ語られる。作者自身の経験とまったく同じであるとは思わないが、その時々の感情のありかはこのようであっただろう。その意味では、多分に私小説的な作法だ。まだしも希望や展望がかろうじてあったパリと、主人公自身の将来や妻のジニーとの結婚生活もことごとく閉息状況に置かれている東京での暮らし。彼らはともに漂泊者にもなれないし、ましてや定住者たることもできない。そうした打開策のなさこそが本編のテーマなのだから、エンディングは別の形があり得たのではないか。

  • 105 馬場北ブコフ

  • 第81回 芥川賞 初版

全4件中 1 - 4件を表示

青野聡の作品

愚者の夜 (1979年)はこんな本です

愚者の夜 (1979年)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愚者の夜 (1979年)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愚者の夜 (1979年)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする