言い寄る (1978年) (文春文庫)

  • 23人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (3)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 田辺聖子
  • 文藝春秋 (1978年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)

言い寄る (1978年) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブスな(失敬)田辺聖子が書くからこの小説がすんなり、心地よく、素直に読めるのです。所詮、男と女はたまたま、そこに居た者同士の心持でくっついたり離れたり。正解なんてないのだろう。

  • 2010年9月18日(土)、読了。

  • 男と女って難しいなぁ、と。。。
    片方がどんなに想いを寄せていても、相手に全くその気がないこともある。しかもその相手が、親友に心惹かれてしまう、なんて。切な過ぎる。。

  • 01/06-01/08

  • ママの本棚より。

    すごくすごくおもしろかった!
    おもしろいと言う表現は、ちと違うな。
    ものすごく胸が苦しくなって、一緒になって涙してしまう。

    どうにか五郎に気づいてほしかった。

    新しく出てるカバーデザインのかわいいやつを買おうかしら。

  • 愛してないのに気があう剛。
    初めての悦楽を教える大人の男、水野。
    恋、仕事。欲しいものは手にいれた、31歳の乃里子。
    でも、唯一心から愛した五郎にだけは、
    どうしても言い寄れない。
    田辺聖子「最高傑作」三部作。
    30年の時を経て復刊第1弾。

  • 個性的な登場人物達の恋愛模様が、
    あくまでさらりと肩の力を抜いて描かれていて、
    たまらなく気が利いている小説。
    これが30年前に書かれたなんて!

全7件中 1 - 7件を表示

田辺聖子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
村上 春樹
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

言い寄る (1978年) (文春文庫)はこんな本です

ツイートする