暗黒邪神教の洞窟―クラッシャージョウ〈4〉 (1978年) (ソノラマ文庫)

  • 17人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高千穂遙
制作 : 安彦 良和 
  • 朝日ソノラマ (1978年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)

暗黒邪神教の洞窟―クラッシャージョウ〈4〉 (1978年) (ソノラマ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1978年刊行。クラッシャージョウ・シリーズ第4弾。

     惑星カインで住民全員が死亡した全土焼失事件が起きて10年。
     美少年の誘拐事件調査を依頼されたジョウのチームは、散り散りになりながらも惑星カインを目指す。そこに待つのは暗黒邪神教を名乗る集団。しかし、その実態は…。そして美少年の行方は?

     カイン全土焼失の理由が、少し整合的でないような気がするものの、最後の謎解きまで一気に読ませる構成はいい。しかも、この余りにも強力で強大な敵を相手にしてジョウは…。

  • 休暇中のジョウたちに緊急の依頼があった。誘拐されたとおぼしき、ある少年の捜索だった。少年の乗った客船は、本来の航路から行方不明になり、発見された時にはすべての乗客乗員が惨殺されていたのだが、その少年だけはついに見つからなかったという。彼の名はクリス。天使のように美しい絶世の美少年であった。ジョウは、クリスがノートに描き残した悪魔の紋章を手がかりに、暗黒邪神教という謎の組織にたどりつくのだが。

全2件中 1 - 2件を表示

高千穂遙の作品

暗黒邪神教の洞窟―クラッシャージョウ〈4〉 (1978年) (ソノラマ文庫)はこんな本です

暗黒邪神教の洞窟―クラッシャージョウ〈4〉 (1978年) (ソノラマ文庫)を本棚に登録しているひと

暗黒邪神教の洞窟―クラッシャージョウ〈4〉 (1978年) (ソノラマ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする