製本工房から (1978年)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 栃折久美子
  • 冬樹社 (1978年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)

製本工房から (1978年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地元のSCでやっていた古書市をきっかけに、古書市を覗くのが楽しみのひとつになった(なんつって、まだそんなに行けてないんだけど)。
    これは先日出かけた場所で購入。500えん。
    どんな方なのかさっぱり存じ上げないのだけれど、最初の文章のさわりのあたりにすごく共感のできる一節があって、そういう感覚を持ってる方の文章なら読んでみたいなーとおもった。

    (個人的古書購入の心得メモ:本当に読みたい・活用したい本をかう)

    というわけでまだ読んでない。のんびりよむよむ。

  • 筆者が本づくりの現場で抱えていた「ほとんど絶望的と言いたいくらいのやり切れなさ」は、21世紀になっても姿をかえて残っている。本書の装丁は、さすが!の美しさ。

  • ブックデザインを志すひとにおすすめ。付箋をたくさん貼った。

  • ルリユール、装幀、ブックデザイン、そういう仕事をしている著者の書いた文がまとめられているもの。

    時期も内容も色々で、装幀のことももちろん、室生犀星との時間、アトリエのことなど、様々。控え目な人だなぁと思うところもあれば、そこは本職、力強く発言している部分もありで、色々な面が見れる。これほど名の通った人でも、迷ったり考え込んだりと進んできたんだなぁ

全4件中 1 - 4件を表示

栃折久美子の作品

製本工房から (1978年)はこんな本です

ツイートする