神への長い道 (1978年) (角川文庫)

  • 29人登録
  • 4.17評価
    • (6)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小松左京
  • 角川書店 (1978年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)

神への長い道 (1978年) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小松左京の短編集。表題作は中篇かな。すべての作品がスペースオペラというか、割とハードなSFである。

    ハードなSFであるので、なんともとっつきにくいのがこの本の難しいところだ。ただ、その背景にあるのは、古典の怪談であったり落語であったりするわけで、その大きな筋がわかると、一気に理解が進む。

    その中では、やはり最後の表題作が、最も重要で印象に残るわけだが、結局のところ哲学というかなんというか、割と翻訳チックな作品だ。主人公周辺のゴタゴタはディック的、オチはクラーク的とでも言うのか。

  • 前半は意外に読みやすいなあと思ったのですが、最後の中編が難解でした…。
    ほんと科学に造詣が深い人なんだなあとあとがきと解説を読んで納得。
    それでも当初思っていたよりは随分と取っ付きやすかったです。
    あと意外に色っぽい話が多かった。
    ちょっとびっくりしました。
    いや、好きですこの世界。

  • 79009.9

    56世紀の地球、何百億光年の宇宙空間・・・宇宙SFはスケールのでかさが魅力。

全3件中 1 - 3件を表示

小松左京の作品

神への長い道 (1978年) (角川文庫)はこんな本です

ツイートする