メトセラへの鎮魂歌―宇宙大作戦 (1978年) (ハヤカワ文庫―SF)

  • 12人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 斎藤 伯好 
  • 早川書房 (1978年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)

メトセラへの鎮魂歌―宇宙大作戦 (1978年) (ハヤカワ文庫―SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • テレビシリーズを読むかんじ   
    表紙   5点金森 達
    展開   5点1972年著作
    文章   5点
    内容 635点
    合計 650点

  • 『神、誰を滅ぼし給うや』
    精神病院惑星に薬を運ぶエンタープライズ。収容されているのはかつての名艦長ガース。事故により変身能力を得たガース。銀河皇帝を名乗りエンタープライズを乗っ取ろうとする。

    『ソリアのクモの巣』
    漂流するディファイアント号に乗り込んだ調査班。時空の裂け目に消えたディファイアント号とカーク。ソリア人の攻撃。

    『最後の戦場』
    惑星連邦のシャトルを盗んだ半身黒半身白のシェロン人ロカイ。彼を追ってきたシェロン人ペレ。支配される者と支配する者の対立。二人の故郷で見たものは?

    『二度目のエデン』
    死滅したはずの惑星の住人が生きている。調査の為に降り立ったエンタープライズの調査班。

    『生命体交換』
    カークの元恋人ジャニス。彼女に肉体を乗っ取られたカーク。

    『メトセラへの鎮魂歌』
    不死の人間。彼が作ったアンドロイドとカークの恋。

    『エデンへの道』
    大使の息子を載せたシャトルをロミュランとの中立地帯で救助したエンタープライズ。伝説の惑星エデンを目指すシャトルとエデンの正体。

     1997年7月29日購入

     1997年8月13日読了

     2010年3月30日再読

全2件中 1 - 2件を表示

ジェイムズ・ブリッシュの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

メトセラへの鎮魂歌―宇宙大作戦 (1978年) (ハヤカワ文庫―SF)はこんな本です

メトセラへの鎮魂歌―宇宙大作戦 (1978年) (ハヤカワ文庫―SF)を本棚に登録しているひと

メトセラへの鎮魂歌―宇宙大作戦 (1978年) (ハヤカワ文庫―SF)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする