永遠の終り (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 深町 真理子 
  • 早川書房 (1977年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)

永遠の終り (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アシモフ唯一の時間テーマSFだそうだ。設定はおぼろげに覚えていたが、物語はすっかり忘れていたので、主人公の恋人の正体には驚いた。巻末の解説には、「最終章で示されるように、実はこの物語こそアシモフの宇宙叙事詩のルーツとなっているのです。」とある。「ファウンデーション」シリーズを読み始めたのは、この解説がきっかけだったのかどうか、もう記憶が定かでない。

  • <永遠>の組織構造、時間に介入するシステムが面白い。ヨロメキ部分からは退屈。

全2件中 1 - 2件を表示

アイザック・アシモフの作品

永遠の終り (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)に関連する談話室の質問

永遠の終り (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)はこんな本です

ツイートする