骨 (1977年) (集英社文庫)

  • 35人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 小松左京
  • 集英社 (1977年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)

骨 (1977年) (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SFは未来を先取りしているのではなく、未来がSFに追いつこうとしているのかもしれない。
    鉄腕アトムやドラえもんを見ながら、いつもそんなことを考えていた。
    小松左京を読んで、その曖昧な自論は少しの疑問を残しながらも確立するようになった。
    SFの世界に憧れ、現実のものにしたいと願う。
    その結果が、未来なのだと。
    「こういう宇宙」も、「ヴォミーサ」も、そう思わずにはいられない何かを感じた。

  • 小松左京強化月間……みたいになっております。しかし、面白いです。星新一とも筒井康隆とも一味(?)違ったSF作品。薄暗い雰囲気が素敵な「骨」はもちろん、「炬燵の中の月」のようなショート・ショートもすごく面白かったです。うちの炬燵が月につながっていたらすごいなぁ。

  • 先日亡くなったSF文学の重鎮、小松左京の自選短編集。ミステリータッチの展開が多くハラハラしながら夢中になった。読みやすい文章に込められたずしりとしたメッセージ。「こういう宇宙」は強烈でした!

  • 080419(m 080501)
    080818(m 不明)

全4件中 1 - 4件を表示

小松左京の作品

骨 (1977年) (集英社文庫)はこんな本です

ツイートする