秘密組織 (1971年) (創元推理文庫)

  • 10人登録
  • 4.75評価
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 一ノ瀬 直二 
  • 東京創元社 (1971年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)

秘密組織 (1971年) (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んだのはグーテンベルグ21による電子書籍だが一ノ瀬直二訳なのでこちらで登録。クリスティのおしどり探偵トミーとタペンスの最初の事件というか前日譚。タペンス(一ノ瀬訳ではタッペンス)のスペルに関する説明は確かに覚えているけど他はまるで記憶になかった。政治的・時代的背景も地名も知らず主人公たちにぶんぶんと振り回されて読んだ(であろう)小学生にはちょっと難しい内容だったか。

    第一次大戦の終戦からしばらく経ったロンドンで失業中の幼なじみ二人が偶然再会し、悲劇のルシタニア号から持ち出されたと信じられる極秘文書の行方を巡るスパイ戦に頭から飛び込んでいく。

    もちろん現代のシャープな本格推理に比べたら粗はあるし現代では成立しない冒険譚だけれど、この時代ならではの荒唐無稽さがクラシカルで楽しい。電話が各家庭に普及していなかった時代に、電報を打ち、伝言を託し、タクシーと列車を利用してイギリス中を駆け回る二人とその協力者たちの行動力には恐れ入る。(当時としてはそれが当たり前だったんだろうけど。)
    「おそまつだが、見て気持ちのいい顔」で仕立がいい着古したスーツを着たトミーと、「とても美人とは言えないものの」「個性と魅力」があり短髪で「非常に短い、いささかみすぼらしいスカート」をはき、煙草を吸うタッペンスの外見描写の組み合わせや、土壇場でのトミーの「イギリス的なくそ落ち着き」、「死ぬのは馴れてますから」とにやりとするところなど、クリスティが描く二人の造形が魅力的。しかし現代女性の場合、社会的タブーが少ないだけに「他人の言うことなんか聞きません」アイコンとしてのファッションは難しいな。
    あと本筋には関係ないんだけど、いとこ婚に関するタブーがアメリカとイギリスにはないらしいことを心にメモ。

  • 中1のときにはまって以来何度読んだろう。主人公のふたりの息のあった無謀な探偵ぶり。敵か味方か? 誰が黒幕のミスター・ブラウンか? 常にはらはらしながら、そしてふたりの恋の行方も気になりつつ話は進む。そしておしゃれな映画のようなロマンティックなラスト。そのタッペンスの台詞は空で言えるほど私のお気に入り。アガサ・クリスティのエンターテイメントのすべてが詰まっている。

  • 2008.09.10. トミー&タペンスの誕生。若さってすごい、この無謀さってすごい。ふたりが、今の私と同じくらいの年で、こんなに大活躍してるなんて。どんな困難にもめげずに、勇猛果敢に挑んでいく若さって、すばらしいかもしれない。危ないんだけども。ミステリもおもしろいけど、人物描写がいいな。

全3件中 1 - 3件を表示

アガサ・クリスチィの作品

秘密組織 (1971年) (創元推理文庫)はこんな本です

秘密組織 (1971年) (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

秘密組織 (1971年) (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする