愛と同じくらい孤独 (1976年)

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 朝吹 由紀子 
  • 新潮社 (1976年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)

愛と同じくらい孤独 (1976年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学生の頃、サガンをよく読んだ。この本もその頃以来の再読。数々のインタビューをサガン自身が手を入れ直し纏めた本。初めて読んだ少女の頃より、今の方が遙かにインタビューされているサガンの年齢に近いのに、正直、ピンと来なかった。何故だろう、と考えたら、質問を上手くかわしている、と、いうか、本音を言っている様に思えなかったからだ、と、思った。一つだけ、「おとなでありたくないのです。」、これは同感。

  • 愛は孤独を救えないのかー。そうなのかー。諦めたくないけどなー、僕は。

    二人の関係が破綻する原因が、相手を飽きることだとサガンは言う。
    それは人間としての発展、進歩が両者間にあるかということに、多いに関係があって、だって人間って変わるじゃないか、感受性も感情も経験も性格も。

  • 偶然知り合いの方から貸していただいて、
    サガンの本をいろいろ読んでみたいなって
    思いました。
    愛とか、恋愛とか、孤独とか。。。
    読んでよかったです。

全3件中 1 - 3件を表示

フランソワーズ・サガンの作品

愛と同じくらい孤独 (1976年)はこんな本です

ツイートする