オデュッセイアー〈上〉 (1971年) (岩波文庫)

  • 25人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ホメーロス
制作 : 呉 茂一 
  • 岩波書店 (1971年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)

オデュッセイアー〈上〉 (1971年) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ぼくは当時『オデュッセイア』を再読していた。初めて読んだのはギムナジウムの生徒の時だったが、帰郷の物語としてずっと記憶にとどめていた。しかし、それは帰郷の話などではなかった。同じ流れに二度身を任せることができないと知っていたギリシャ人たちにとって、帰郷など信じられないことだった。オデュッセウスはとどまるためではなく、またあらためて出発するために戻ってくる。『オデュッセイア』はある運動の物語にほかならない。その運動には目的があると同時に無目的でもあり、成功すると同時に無駄でもある。」『朗読者(p.172)』ベルンハルト・シュリンク

    『イーリアス』の続編なんだ。

全2件中 1 - 2件を表示

ホメーロスの作品

オデュッセイアー〈上〉 (1971年) (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする