鞄の中身 (1974年)

  • 10人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 吉行淳之介
  • 講談社 (1974年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)

鞄の中身 (1974年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者自身の一番好きな作品が表題作らしい(ラジオで)。なるほど。ここに収められている全ての作品に人の後暗さ、背信というのか、秘密や罪、すえた匂いというのか。
    コレです。若い頃には無理でした。シュルレアリスム、日常のけだるい悪や、小説と随筆の境がないようなものもあり、興味深い。

    これは創作なのか実話なのかと思いながら読み進んでいたら三島由紀夫のことでビックリ。可哀想だと三島を思う気持ちがまた沸く。少年少女日本文学館に収められた氏の作品も子供が読むのかと驚いたけど、その答えはこの中にもおさめられていた。

全1件中 1 - 1件を表示

吉行淳之介の作品

鞄の中身 (1974年)はこんな本です

鞄の中身 (1974年)を本棚に登録しているひと

鞄の中身 (1974年)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする