将軍が目醒めた時 (1976年) (新潮文庫)

  • 29人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (1976年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)

将軍が目醒めた時 (1976年) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作品の批評性が今でも損なわれていないことに驚嘆。「乗越駅の刑罰」「新宿コンフィデンシャル」、いずれも不条理物で、これらは読んでいて血の気がひく。「社会的な交通事故」に遭遇する確率がむしろ今の方が高いからではないか。今の社会システムは、正直怖い。

  • 飛ばし読み

全2件中 1 - 2件を表示

筒井康隆の作品

将軍が目醒めた時 (1976年) (新潮文庫)はこんな本です

将軍が目醒めた時 (1976年) (新潮文庫)の単行本

将軍が目醒めた時 (1976年) (新潮文庫)の文庫

将軍が目醒めた時 (1976年) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする